4月19日(日)36.9℃
1日中家に引きこもりました。

都会の方は明らかに街中の人が減ったらしいですね。
田舎の方とは言え、「緊急事態宣言が発令されたため時間短縮します」という張り紙を1店舗見かけただけで、他の飲食店は普通に営業しているなぁ。
この前、母とケーキ屋に行った時も、普通に売れ行き好調のようで、かなり売切れてたし。
あーでも、ケーキ美味しいなぁ。癒される。

N国党の上杉さんが39.7℃の熱やその他症状でコロナを疑って検査を要望したものの出来なかったそうです。
CTに肺炎の症状がなかったからかもしれません。

でも、これだけの症状が出ているのに検査しないってねぇ・・・。
【実体験】自宅療養のおしらせとコロナ検査の疑問点
(ちなみに体調は4月19日現在、だいぶ回復したらしいです。)

ところで、おバカ民の意見なんだけど、CTの肺炎がありなしの違いって、そんなにはっきりわかるもんですかね^^;?
いや、比較映像とかはわかりやすい画像を選んでいると思うんで、確かに素人でも違うなってわかるんだけど、微妙なやつとかあるでしょ多分。どうなんですかね。

ほんとに!無作為に1000人くらいに抗体検査したほうが良いと思います!


知らないうちに感染し、知らないうちに治っている人がこれだけ居るってデータがあれば、考え方変わってきますよ。

ちなみに抗体も早ければ数か月くらいでなくなる?と言う情報もどこかでみたような・・・。

となると、治療薬やワクチンを待つとしても、やはり最終的にこうなるのか。

人類の半分以上が感染。
外出自粛は、あくまで医療崩壊を防ぐのと、治療薬やワクチンができるのを待つため。
感染しないことを避けるのは難しいのかも。
感染を遅らせることはできるだろうけど。

これと経済の壊滅を天秤にかけられるだろうか・・・。
コロナだってめちゃくちゃ怖いけど、やっぱりバランスがおかしいよなぁ。