私の高校時代、パソコンを使う授業がありました。
1990年代後半ですから、その時代ではまだ珍しかったと思います。

せっかくの貴重な思い出なんですが、もうほとんど忘れてきているかなぁ~^^;
完全に忘れちゃうと、ちょっともったいない気がしたので、覚えていることをちょっと書いてみます・・・。

私は偏差値がかなり低い高校に通っていました。(偏差値30台前半)
その割に授業では、例えば音楽の授業とか一人ひとりにオルガンが与えられて、中々お金のかかっている高校でした。
父が授業料が高すぎるとよくぼやいていた理由が、今になってわかりますね・・・。

パソコンの授業もありました。情報処理とかいう科目だったかな・・・。
Excelの表計算とかやってました。
パソコンも1人1台!
ザ・昔のパソコンって感じで、うーんと、今みたいな薄っぺらいのじゃなくて、奥行があるやつで・・・。
キーボードも昔のやつで、独特の音がするんですよね、かしゃかしゃみたいな・・・。

それで昔って、ブラインドタッチ(キーボードを見ないで文字を打つこと) が出来る人って、すごく少なかったですよね?
私が偏差値低い高校通っていたのもあったんだろうけど・・・。

今だと珍しくもないですが、当時はブラインドタッチが出来る人が、すごく格好よく見えてね!
かしゃかしゃかしゃ~って、デキル人みたいな、かっこいいキーボードの音がするんですわ~^^

文書処理検定?みたいなのがあって、早く正確に打てるほど評価が上がるのですが、私は3級がやっとだった^^;
当時は、指1本だけで何とか打ってる人も多かったんですよ~^^
私は、そんな格好悪いのだけは嫌だ!と何とかギリギリ打てるようになりましたが・・・。

でも、この経験が結構良かった。
好きこそものの上手なれ みたいな言葉があるじゃないですか。
あれを後に実感したんです。

高校で、授業で、みっちりブラインドタッチの授業をしているのに、ちっとも上手くならなくて。
授業中は、先生が早く打てるコツとか、指の置き方とか、教えてもらって、あとは文章をパソコンの隣に立てかけて、その文章をひたすら打っていくんです。
時間もかけまくって、コツもしっかり教えてもらっているのに上手くならない。
つまんなかったからですね。

我が家で初めてパソコンを購入したのが、2000年~ぐらい。
授業とは違い、好きなように使えるパソコン。
それでも中々上手くならなかったなぁ。
当時は、ググって検索するとか、2ちゃんねるを見るとか、ブログを見るとか、使い方を知らなかったんですよね。

唯一使っていたのが、うろ覚えなんだけど・・・、素人?が創作したっぽい、FFっぽいオンラインゲーム。
もう今の時代と違って、ちゃっちいヤツですwひたすらそのゲームをしていました。
そのサイト今はどうなったのかなぁ。
懐かしいからすごく見たいな~って今でも時々思いますが・・・でももうなくなってるかな・・・。

それで、そのオンラインゲーム内で、オンライン酒場?ってのがありまして。
ビールやつまみなどを注文して(そのゲーム内マネーを使えば注文できた気がする)、他のプレイヤーと会話したりするんです。

金葉は、ビールを注文した。
金葉「ふ~~。ゲーム後の一杯はうまいねぇ。」(もちろん実際は飲んでないけど、当時はこういうのをチャットするだけで面白かったw)

他プレイヤーAさんは、つまみを注文した。
Aさん「一緒に食べよ~。今日どこまで進んだ?」

金葉「今日は順調にキャラが育ったよ~。つまみありがと~!」

という感じ。

この時に、他のプレイヤーと夢中でチャットをしている間に、何の苦もなく上手くなっていました。授業中あんなに苦戦していたのは、何だったの?!ってくらいに^^;

その後にFF11という、本格オンラインゲームをプレイし始めてから、完全にブラインドタッチをマスター していました・・・。あのゲーム、早くチャット出来ないと大変ですしね・・・。

ブラインドタッチ出来るようになりたい人は、オンラインゲームをすればあっという間に上手くなると思いますw
楽しければ、勝手に上達しますねぇ。
あ、でもゲームがあまり好きじゃない人だと、逆に辛いかもしれない。

そして、携帯電話が普及し始めたのも1990年代後半頃。
高校生の私は、女子高生に人気の「ツーカー(auの前)」を使っていました。
当時は写メというのがまだない時代で・・・。
いやぁ本当にギリギリセーフでしたよ、あったら地獄だったな・・・^^;
プリクラだったら、まだ可愛く映るけど(いや可愛くはならないけどマシにはなる)写メの残酷さと言ったら・・・。

一つ覚えていることがあって、その当時は知らない人にCメールを送るのが流行っていたみたいで。
例えば自分の携帯番号の末尾を1つだけ前か後にずらした人に、Cメールを送ったり。
私も来ましたわ、男子高校生から・・・。
まず年を聞かれて、女子高生だと伝えると相手は大喜びで、メールが毎日のように届き、会おうだのメールが楽しいだのウキウキした感じのメールがいっぱい来ましてね。そして、徐々におそらく一番気になっているであろう容姿について。
向こうからは聞いては来ないけど、自分の容姿の話をガンガンしてきて、ごく普通の容姿なんだけど、こんな俺でもいいかなぁ~?みたいな感じでして、ふっ・・・あんた私の容姿を知ったらビックリするわよ何て思いながら、そうか普通の女の子って、こんなに男子に気を使われるのかみたいな嬉しいやら虚しいやらを初体験しました。まぁ私が可愛ければ虚しくはならなかったんだろうけど。
でも、さすがにしびれを切らしたのか、だんだんと、身長は?髪型は?誰に似てる?とか聞かれましたね。
まだこのやり取りをやめたくなかった私は、全力で交わしましたけど^^;
そうしたら、メールが来なくなっちゃったんだっけ?何か会おうとか言われたけど、断ってから来なくなったような気もする。うろ覚えだな~。まぁ、この頃に写メが出始めたんで、写メも求められたけど、私の携帯は写メの機能ないんだ~ とこれまた全力で交わしましたわ^^;当時は写メなし携帯も珍しくなかったんで。実際私の携帯は写メ機能なかったし。私が高校3年ぐらいの時に、ちらほら持つ人を見かけたかな?ぐらい。(そして私は高校3年になると、学校に通わなくなっていました。)

そういえば一般の人にコンタクトレンズが流行りだしたのも、1990年代後半でしたっけ?
私が中学生の頃に、可愛い女子が1人コンタクトレンズデビューしていましたね。
それを見て私も高校デビューしたら、絶対コンタクトにしようと思いましたわ。
高校に入ったら、コンタクトレンズしている人が結構増えていました。
当時のコンタクトレンズは、潤いレンズとかがなくて、はめるのとか外すのとか大変だったなぁ~。