ここ最近ずっと忙しいです。

忙しすぎると、家の中がメモだらけになり、そのメモもどこから手をつけたらいいのかわからなくなり、もう眠いから寝ようと思って寝ようとしても、「寝たら明日が大変だ!」と中々寝付けず、やっぱり起きて作業をしようとすると、眠すぎて椅子の上で寝てしまいます。

時給200円ないと、毎日がまるで借金の利子を必死に返済しているような感覚になります。
実際に借金をしているわけではないのですが、とにかく片っ端から作業しないといけないので、自転車操業という感じで、ひたすら出来ることだけをやっている感じ。
時給を高めるためのことをしたいけれど、毎日を凌ぐことで精一杯になる。

ようやくその”利子”のような作業が終わった頃、母から電話がかかってきました。
ちょっとした用事みたいなものだけど、時間がかかる。
私は在宅なので、家族には時間の融通がきく暇な仕事だと思われているみたいです。
っていうか、私自身が時給200円ないことを隠しています。
知られたら、すぐにでも外で働くように言われるでしょう・・・。
実際2~3年くらいまでは、月に何度か求人広告を持ってきていました。
私の下半身は、もうとても工場で働ける体じゃないと思うけど・・・。

私は時給200円以下で、母は時給1000円前後のパート2つを掛け持ちしています。
私が母に何かを頼まれたら、当然喜んでやるべきだと思っている。
どうせ私には大した根性はないので、私自身がどうしても無理だと思ったら、その時点でやめるけれど。
それまでは出来るだけのことをするのが、稼ぐ能力の無い私の義務みたいなものだと思っている。
母が悪いわけではない・・・、あの家族を必死に支えているのだから、私も出来るだけのことはしたい。
って、私が一番迷惑をかけているんだけど・・・。

用事が終わって帰ってくると、また”利子”がたまっていた。
その辺のメモ用紙をビリビリに破いて、どうにかしてイライラを抑えた。
すると、そのメモ用紙に今日やるべきのリストを書いていたことを思い出した。
セロハンテープで必死に貼り付けた。
貧乏すぎて、無駄な作業が増えた。

でも今日はとてもポカポカしていい天気でした。
少し元気が出た気がする。