BLにはまったきっかけを検索してみると、鋭い洞察力で興味深かったのですが、やっぱりみんなちょっとずつ違うのねと思い、自分のハマったきっかけも書きたくなりました。

私がBLにハマったのは、1990年後半頃。中学生の頃です。
小学生の頃から少女漫画が大好きでした。「なかよし」とか「りぼん」とか読みまくってました。

ただ、少女漫画にちょっとした不満も持っていたのですw
それは、ヒロインがみんな可愛いこと。
もちろん、地味な主人公がイケメンと付き合うストーリーも沢山ありましたよ。
でも、結局は地味だけど、素材が良いんですよ。

何かメガネとったら美少女になって、イケメンに惚れられるとか、地味だけどオシャレしたら可愛くなるとか。

しかしっ、探せばあるものです。
どうみても普通より可愛くない女の子が、頑張ってカッコイイ男の子と付き合うストーリーもありました。
しかし・・・。
残念ながら私レベルの残念容姿の女の子が、イケメンと付き合えるミラクルが書かれた漫画はありませんでした・・・。
普通より可愛くない女の子といっても、中の下~下の中くらいまでならあったけど・・・。
漫画にまで厳しい現実を見せられてしまったのですね。

しかしそれでも私は少女漫画を読むことをやめなかった。
やはりお年頃の中学生の女の子ですから。
カッコイイ男の子を見て、ときめきたかったのです。
可愛い女の子とくっついてしまうのは、妥協することにしたのでした。

そんな時ですよ。

私は同人誌の世界を知ります。
当時、同人誌が大流行していた「ガンダムW」ですわ^^
ちょっとうろ覚えですが、確か「ヒイロ×デュオ」のやおい本でした。
(当時BL漫画のことをやおいと呼んでいました。本当は、やまなし・おちなし・意味なしだそうですね~。大人になってネットで検索するまで意味を知らずに、とりあえず男同士の恋愛漫画をやおいと呼んでましたよ^^;)

もう衝撃が凄すぎて、その日は眠ることが出来ないくらいドキドキしました。
キスシーンすらない、さらっとした同人誌でしたが、もう十分でしたね。

今まで同性同士の恋愛って、自分とは違う世界だと思っていました。
でも、好きだけど相手に自分の気持ちを打ち明けられない葛藤とか、生まれて初めて、心の底から主人公に共感できたんですよ。
しかも、ヒロイン(?)もヒーローも男ですよ。
一粒で二度おいしいみたいな(ちがうか^^;)何かもう、私が読みたかったのはコレだー!! ってなりました。

私の青春の思い出はBLしかなかったけど、BLがあったおかげで、ときめきを持て余さずにすんだんですよね。
ほんともうBLよ、ありがとう・・・って感じ。

しかしですね、2000年後半くらいから同人誌世界から完全に遠ざかっていました。
やっぱりお金がかかりすぎるんですよね、薄い本って。
でも、日常生活で仲のいい男の人同士をこっそりウォッチングして、こっそり妄想する楽しみを新たに発掘していました。

ですが・・・、なぜかまさかの、一般人にBLが流行りだすっていうw
流行るっていうか、有名になるっていうか・・・。
あの頃の私には想像できませんでしたよ^^;

いつから?何で?っていうかBLって言うの?やおいじゃないの?って、私は頭の中が?だらけでしたw

でも嬉しいな。BL好きって恥ずかしいことじゃないんだなぁって。
昔はアニメイトとかで、こそこそこそこそしながら人目を気にしながら同人誌を購入していたからなぁ^^;
あとは同人誌イベント行ったり。イベントはみんなオタクだから堂々とできたけどね。

同人誌イベントに最初に行った時は、ものすごく感動しましたよ。
1990年当時はネットが普及してませんでしたから、オタクが沢山いることを知らなかったんです。
こんなにいたのかー!と衝撃でしたよ^^

そんな私はBLが流行ってると知り、また舞い戻りました。
前みたいにガンガン買い漁ることは出来ないけど。
この年になっても、ときめかせてくれるBL万歳です・・・。