他のブログ主さんとか見ても、今は新記事よりリライトの時代かなと感じましたね。

私がやっているSEO対策の一部は、こんな感じです。

ブログ記事投稿後は、えっと、私はファースト順位とセカンド順位と勝手に呼んでいるんですが、正式名称は別かもしれません。
ファースト順位は、記事投稿直後の順位です。セカンド順位は、記事投稿後しばらくして落ち着いた順位ですね。
セカンド順位が決まった頃ぐらいに、自分の狙った順位以下であれば、リライトします。

ファースト順位は、大体キーワード比率とか、そのブログのドメインパワーで順位が決まると思っています。
その順位で様子を見て、しばらくすると、その記事の反応(読者が満足しているか)をグーグルが判断して、セカンド順位を決めているのかなと思いますね。なんとなくですけどね。

やっぱブログが育っているドメインパワーの強い、大手ブログは高い順位がとりやすいですね、今でも。
もうちょっと個々の記事を評価してくれてもいいのにな。

私は、なんとなく頭の中で点数を計算して、順位を見ています。

私は難しいことは分かんないんで、単純に自分がわかりやすい感じでなんとなく計算します。

点数を仮に100点満点として、
需要も多いけどライバルも多いビッグキーワードは、検索1位~10位も99点台なんじゃないかと思うわけですね。

例えば、「ビットコイン」なんて、仮想通貨の中でもトップのビッグキーワードなので、検索1ページ目の1位~10位は、99点台が多いです。でも、「ビットコイン チャート 予想 初心者」ぐらいになると、この4つのキーワードで書いている人はぐっと減るので、ライバルも少なくなります。「ビットコイン チャート 予想 初心者」の4キーワードで99点台だそうと思ったら、記事内容も相当限られるでしょう。

「ビットコイン」の検索1位は99.5点、2位は99.2点、3位は98点、4位は95点、5位は・・・(続く)
「ビットコイン チャート 予想 初心者」の検索1位は85点、2位は70点(特に初心者向けではない)、3位は65点・・・(続く)
あ、すみませんビットコインはあんまりわからないんで、適当なことを書いてしまいましたが^^;

合計100点になる内訳・・・記事内容30点、ドメインパワー40点、その他30点(SEO対策など)。
そう考えると、将来ビックキーワードで1ページ目に入りたいならば、ドメインを育てることと、SEOテンプレートは必須だと思えますね。
1点を競う世界ですからね、ビックキーワードは・・・。

ただこれは、アフィリエイトブログが狙うキーワードに関してなだけで、そうじゃないキーワードとかもありますよね。
例えば、芸能人の名前を検索すると、ほぼ1位になるのはウィキかその人のツイッターとかブログとか。
クリック率も順位を決めるのに重要なのかなぁ。
例えば、「市川海老蔵」で検索したら、ほとんどの人は市川海老蔵さん本人のブログをクリックすると思うんですよね。
市川海老蔵さんのことを書いた他の人のブログじゃなくて。
芸能人ブロガーさんは、当然SEO対策なぞやってないだろうし・・・。
あ、じゃあ100点満点じゃなくて、クリック率だけ別枠で加点しているとかなのかな。

例えば、市川海老蔵さんのことについて、めちゃくちゃ詳しくてドメインパワーも強くて、SEO対策も万全な99点の記事があるとしても、市川海老蔵さんのブログはクリック率加点(90点ぐらい振っているのかもしれない)がされて、どんなに他の人のすごい記事でも、ご本人のブログなどは、そう簡単に点数を越えられないようにしているのかもしれません。

つまり、例えば有名人本人のブログで、記事内容30点中5点、ドメインパワー40点満点、その他30点中5点、で計50点だとしても、ご本人のブログなら当然、ご本人のキーワードでのクリック率は、めちゃくちゃ高いから、クリック点数別枠100点中90点で、合計140点となり、ご本人のブログなどを抜くのは難しいと。

記事内容30点、ドメインパワー40点、その他30点(SEO対策など)が、ほぼ満点で99点台だとしても、クリック率点数が10点とかだったら、合計109点ですもんね。

うん、SEO対策は、だいたいこんな感じですねぇ・・・。