1年前か2年くらい前に流行って人気があったガールズバンド(かな?)なので、知ってる人もいるかもしれませんが。

一番有名なのは、多分この曲じゃないかと。

残念ながら今年はあんまり見かけませんね。
(まぁ私も、ほとんどテレビ見なくなっちゃったから知らないだけかも)

私もそれほど知っているわけじゃないけど、このガールズバンドのコンセプトっていうか、あの曲だけかもしれませんが、「NEOカワイイ」がテーマになっていると思います。

可愛いっていうのは、小顔だったり、二重で目がぱっちりしていたり、スタイルが良かったり・・・とかが一般的ですが、コンプレックスも可愛いんだよ!という曲ですね。

私はそれをブスでも気にするな!というメッセージだと勝手に思っていましたが、そのメッセージよりも、「みんなが可愛くないと思っているものは、実はこんな魅力があるんだよ!」→これをNEOカワイイということで、NEOカワイイが少し流行った時期があった気がするような。
1年前に知って、その時にブログに上げたいと思って当時知ったことを、今更、記憶を頼りに書いております・・・。色々間違ってるかも^^;
なぜか、Youtubeのオススメに出てきて、1年ぶりに見て懐かしくなりましたw

でも、平安時代とか細い一重が美人だったし、昭和ぐらいまではアゴがちゃんとある方が美人だったのに今はとにかく小顔の方が美人って思われている感じがしますね。
昔はね~、例えばハイネックセーターとかで、アゴを隠したりするポーズとか流行ってませんでした?あれ、アゴが小さいと中々出来ないポーズで。(口が隠れちゃって口紅がついちゃったりする)

CHAIのことは1年か2年くらい前に流行した時に知って、動画は何本か見たのですが、それほど興味がわきませんでした。
もし私のブログを定期的に読んでくれている人なら察するかもしれませんが・・・。
私はブスでも気にするな!というメッセージだと勝手にとらえていたのですが、この子たちは別にブスでもないな、と思ったんですよね^^;

歌手になるのなら、やっぱり美人の方が多いので、その人たちと比べると美人とまでは言えなくても、眉を整えて痩せてアイメイクをしておしゃれな服を着れば、一般的には十分美人になる。
と言う結論に達すると、全く興味がなくなってしまった。(いや私みたいな超少数派に需要あっても、人気は出ないだろうけど。)
結局、ブスをNEOカワイイと決められるのも一定レベルの可愛さや美人さがある人達なんだなと、本物のブスが私ってNEOカワイイでしょ?って言っても人気でないんだろうなと思ってしまった。(色々こじらせている本物のブスの私)

でもこうやって見返して、動画のコメント欄とかを読んでみると、あぁそうか。みんな同じ顔を目指していく必要はないんだよ、自分の個性を大事にしようよっていうメッセージでもあるんだなと。

ただ、もしそのメッセージもあるのなら、4人とも同じ質素な服ではなく、4人それぞれが自分の好きなファッションをしたPVだったらもっと面白いかもしれない。と、上から目線で思いました。

上から目線ついでに、もう一つ思ったのは、残念ながら現状ではNEOカワイイは流行で終わりそうかなと。
清潔感もあって、PVもおしゃれなのに。
テレビなどのメディアが、こういう人が可愛い!美人!と毎日毎日取り上げて洗脳しているものに風穴を開けるのは容易ではないですね。
(まぁ私もそれを読んだり見たりしちゃうんだけど^^;)
テレビどころか、ネットでも可愛いの定義が定着されちゃってるし。

でも、とことん上から目線で正直に言うと、もう解散しているかも・・・と勝手に思っていましたが、現在も積極的に活動を続けていて、それは素直にすごいと思いましたわ・・・。

このインタビューでは、CHAIはコンプレックスへの反発をしすぎているかなと思いながらも、新しい価値観や考えを生み出していて私は好きです^^
「ブス」なんて言葉は、この世から消えてよし。 CHAI流・自分の愛し方
ただなぁ、可愛いはブスの対義語みたいなものだしなぁ。
つまり、ブスがいなければ美人は存在しないと思う。
世の中全員可愛いっていうのは、もはやそれは普通だから。
例えば、可愛いと言われて嬉しいのは、ブスが存在していて、その人たちより優れていると褒められているから嬉しいのであって。

例えば、人間ですね。って言われても別に嬉しくもなんともないけど、人間に生まれて良かったですね。動物とか虫とかに生まれていたら大変だろうしって言われると、確かに得した気分になるって言うか。

みんなが褒め合い尊重し合う世の中にするっていうのは、人間の喜怒哀楽の喜楽だけで生きようくらい不可能に近い難しさを感じるんだよな、うーん長くなりそうだからやめときます^^;