母「お父さんの余命は、3か月~6か月なんだって~。」

私「そっかそっかぁ」

隣の部屋に弟がいるので、普通にしゃべってみた。
多分、弟は”余命”の意味が分からないはず。

抗がん剤が効いたら、2週間ほどで退院するらしい(?)

がんにも種類が沢山あり、肺がんにも種類が沢山ある。
がん、とひとくくりにしているけど、種類によって違いが結構大きかったりする。
肺がんには、小細胞肺がんと非小細胞肺がんの2種類があるけど、父はどっちなんだろう・・・。

読者様に、同じくがんの人がいらっしゃったのですが、父の余命を聞いても、どうか気にしないでください・・・!
メッセージをくれた読者様は、父の回復を祈って下さって(ありがとうございます。私も読者様の回復をお祈り致します!)前を向いていらっしゃったから、大丈夫かなとも思ったのですが、
なぜこのように書いているのかと言うと、私がずっと気にしていたんです。
占い・・・というと、どうなのかなって思うけど、今まで父の余命もステージもわからなかったんで、他のステージ4のガン闘病中の人のブログを読んだりして、父と症状が近いかな?どうだろう?とか思ったり、その人が生きていて元気だと、この人も大丈夫だから父も大丈夫とか思ったりして、気持ちを左右されていることがありました。父の未来の占いをその人に重ねてみたりするっていうか・・・。

でもツイッターとかを見ていたら、あるツイートが目にとまって。
https://peing.net/ja/q/ab8c8ea4-439c-48a4-b174-70d31620fc77
本当にその通りだな、と思いました。

って言いながらも、肺がんステージ4の人が5年以上生きているブログを見つけると嬉しいんだけどねぇ。
ポジティブな分には、良いか~。

<追記>
最初の抗がん剤は、アリムタとシスプラチンらしいです。非小細胞がんっぽい?父は脳以外は、骨などほとんどの部位に転移あり。
70代で抗がん剤やろうと思った父よ超がんばれ・・・。