まず最初に書いておきたいのは、私はヒカルさんに全然興味ありません。
興味あると思われると心外なので。いやほんとどうでもいいでしょうけど、私的にこれだけは言っておかなくてはと。
元々この騒動があるまで、ほとんど知らない人でした。
Youtuberヒカルのvalu騒動まとめをちょっとだけ貼っておきました

無期限活動休止というのは、おそらく申し訳ないという良心からではなく、どうやら活動を続けたくても続けられなくなってしまったみたいですね。
ヒカルさんの動画は9月に入ってからUPされなくなってしまいましたし、UPしたとしても高評価の5倍くらいの低評価がついています。
私は、この騒動で初めて知ったのですが、低評価が多いと広告収入が著しく落ちるらしいですね。
そしてこの低評価は、みんながやっているというよりも、ツールで1人で何万票も押せちゃうとか。
ん~~、らしいばっかですみません。
私もネットで見聞きしただけですので、詳しくは検索でもして下さいハイ。
ヒカルさんのように、大金を使った動画をあげている人は、広告収入がないと赤字まっしぐらでしょう。
UPすればするほど赤字になっていくという・・・。

ヒカルさんが無期限休止に追い込まれたのはなぜか?
彼が極悪人だったからか?と問われると、少し違う気がします。
むしろ”中途半端に良心があったから”かもしれません。
valuに思うところがあり、それを訴えたかったからのようにも見えます。
やり方は全く賛同できませんが・・・。

私は極悪人ほど、心にもない謝罪をすると思うんですよね。心の中で舌を出しながら。
極悪人はバレるように悪事はしない。裏で手を回しますよね。
でもヒカルさんは、誰がどう見てもわかるほどわかりやすい悪事を絶対バレるような方法でやってしまい、しかもすぐ謝罪しなかった。叩かれるスキを作った。
すぐに謝罪していれば、ここまで何もかも失わずにすんだだろうに。

悪いことをした人は自分にかえってくると言うけど、本当の極悪人は悪事を外にバラさないから、中途半端な悪人が再起不能なくらいに叩かれてしまうというのはきっと、本当の極悪人をやっつけられないという鬱憤を”スキがある中途半端な悪人を叩く”ことで消化しているのかもしれません。

お金持ちなら何回でもやり直せるのに、たまに自分からレールを外れる人もいますよね・・・。
まぁこれからも私なんかと比べるには値しないほど、稼ぐんでしょうけど。
同情する気はないんですよ。昔は怪しい情報商材を高額な値段で売りつけていた人ですから、真面目にやってる自分からすれば、同情に値しないです。

ただ極悪人ではなかったのかな・・・と。
騒動のお金をちゃんと返金したらですけどね。

それにしても逆にvaluの宣伝になっちゃったのは、何とも皮肉な話です。