コメントは苦手だけど、その苦手なコメントをくれる人のうちの一人が、もう5年近いくらいの付き合いがある少し年上の男性。
付き合いといっても、月に2~3回コメントのやり取りをとる程度。
以前は週2くらいで来るので大変だった・・・。

彼と私のブログはジャンル違い。
そして生活がかかっている私とは違い、彼は収入は私より少ないものの、実家暮らしなので生活は大丈夫そう。

彼はとある難病にかかっているそうで、闘病生活を送っている。
彼のブログには、同情的なコメントもよく来ていた。
私は同情されるのがあまり好きじゃないので、そういうコメントは特に送らなかった。
そして私自身忙しいのもあって、自分から他のブログにコメントを送ることは滅多にありません。

しかし彼からは、よくコメントが来るようになりました。
ブログを初めて1年~2年くらいの時期。
最初に定期的にコメントをくれるようになったのは彼でした。
当初売上もアクセスもほとんどないブログで、コメントも珍しいので嬉しかったのです。
彼は収入をほとんど通院代にあてていて、お金がないので、彼から売り上げることはありませんでしたが、仲良くしていました。
私も彼のブログから購入することは、ありませんでしたし。

この彼(Aさんとします)とは、当たり障りないコメントで仲良くしていましたが、段々Aさんから悩み相談など長文コメントが来るようになりました。
最初は一生懸命考え、5時間~6時間かけて返信していました。
しかし、問題は解決するどころか、どんどんたくさんの悩みを相談され、徐々にAさんからのコメントが重荷になっていきました。

ブログの更新を優先するため、3日ほど返事をしなかった時、彼から「俺のことはどうでも良くなった?」と返信が来たのです。
私はこの時、「そうです。」と返事ができれば良かったのに、「いえアフィリエイトが本当に忙しかったのです。」と返事をしました。

それからAさんのコメントの頻度は減ったものの、1通1通が非常に長文になりました。
彼は長年の闘病生活で精神的にも参ってしまい、精神科にも通っています。
彼は精神科の先生に「熊本の災害で心がつらくて、ご飯が喉も通らず、薬も飲めません。」と相談すると、冷たい返事をされてしまった。と悩み相談をされました。

私は何て返事をすればいいのか、わかりませんでした。
私は以前あった熊本の災害のことは、もう忘れてしまっていました・・・。
もちろん大変なことではありましたが。
私はAさんが理解できなかった。そのことよりも、まずは自分と周りのことじゃないのと思ったのです。
人付き合いでも、「仲良くしましょう」って言ってくれる人がいるけど、仲良くしたいなら、相手の嫌がることはしないように私なら努力する。
Aさんは、私があなたからのコメントが重荷になっていることに、もう薄々気がついていると思うけど、そのことよりも熊本の災害に心を痛めている。

私は、熊本の災害は大変なことだったと思っています。
しかし対岸の火事のように捉えているような、関心の低さでした。
Aさんは、少ない収入から募金もし(数百円くらいらしいですが)そして何か大変なニュースがある度に心を痛めています。
私はまずは、自分と自分の周りの人の幸せを最優先に考えます。(私は幸せとは言えないけど^^;)
Aさんは、、、私にはわからない。

最近はコメントが来たら、寝る時間がなくて、かなり辛い。と返答するも、「そっか困ったことがあったら、いつでもいってくれ!」と書かれてあるも、長文の相談が付属されている。
あなたのコメントに困っていますとは言えない・・・。
1時間ほどで考えて適当に返すと、さらに長文がかえってきて大変なことになるので、3時間くらい考えて慎重に言葉を選んで返信する。
睡眠時間がまた削られる・・・。

彼は悪い人ではない。
・・・でも、開放して、欲しい、、、。
しかし、募金も数百円か。貧乏って、やっぱり何だかなって思ってしまう。
いや、1円も募金していない私が偉そうに言えることじゃないけど。
数百円でも沢山の人が募金すれば、大きな金額になりますしね。

しかし、私を 無料の相談相手 だと思ってないか?とも思える。
相談料くれないかなと思っている自分。
もう、私は人として大事なところが欠けているのかよくわからない。寝たい。
このブログも書いてる場合じゃないけど^^;なんかもうおかしくなりそうで。