運動と言っても個人ですけどね^^;

架空ブログについて
架空ブログを非難してくれる人がいた

架空ブログでも、面白いこれからも読みたいと思うならいいのですが、ほとんどの人は「本当のこと」だと思って、読んでいると思います。っていうか、まさか架空だなんて思わないですよね・・・。
架空ブログの何がダメって、本当に貧乏だったり借金している人だったりする人にアクセスが行かなくなってしまうことです。

本当に借金している人だったら、時にイライラして読みたくないような文章を書く事もあるでしょう。
貧乏な人で、言葉に覇気がなかったりする人もいます。
でも、それが真実です。

私が昔オンラインゲームで出会った人は、フリーターでレンタルビデオ屋で週4日ほど働いて収入は7万ほど。
パチンコやスロットが好きで、いつもお金がなくて、憂鬱そうで無気力な感じの人でした。
(一応、元彼氏です・・・。付き合ってたと言えるかわかりませんが^^;)

借金ブログの人が楽しそうだったらダメってわけではないんです。
でも、楽しく人生に希望を持つモチベーションを保つのが難しいと思います。
だからこそ、借金ブログの人が前向きだったり頑張ってたら、すごいのです。
架空の人にそれをやられてアクセスを奪われてしまったら、本物の方がモチベーションを奪われます。
貧乏カテにいる私も、だいぶモチベを奪われています。
同年代の一人暮らしセミリタイアの人に比べれば、随分貧乏ですしネタも色々あるんですよ。

まぁそれでも私なんかは、本当に苦労している人たちとは比べ物にならないほど甘ったれなんで(でも私なりに苦しんでいるので、それはこれからも書いていこうと思います)、私のアクセス数は仕方ないんですけどね。

無職の人が、複数の架空ブログを作ったりするのは、主婦(主夫)や、働いている人の方が好感度と信用度が高いからです。
職業や肩書きなど生き様そのものが信用になるからです。
無職だと読み手の信用度を上げるのに、すごく時間がかかります。
商品を紹介するにしても、無職がオススメする場合、相手に信用してもらうのに時間がかかります。
時間かけても信用してもらえないこともあります。
職業や肩書きがある人なら、時間がなくて文章に誤字脱字などあっても「忙しいんだな」程度ですが、我々だと「文字もまともに書けないのか」と見られてしまいます。無駄に時間がかかるんですね。無職の悪循環と言えます。
だから嘘の肩書きを言って、楽して儲けようとする人がいるのです。
またアフィブログとかでも、自分はガンで余命○ヶ月ですと言って(もちろんこれも嘘)、同情で商品を売ろうとする輩までいます。
個人的には、さすがにこのレベルになると犯罪扱いして欲しいです・・・。
本当にガンの人に超迷惑だし、同じ無職でもそういう人と一緒にされたくない。

すみません、架空ブログについて書くのは前回限りのつもりでしたが、後からあれもこれもと書きたくなったもので。