私も年を取るに連れて、使う顔文字が変わってきました。
そして嫌いな顔文字も変わりつつある気がします。

嫌いな顔文字?というよりも・・・

私はよく多用しているので、意外に思われそうですが、20代の頃は、^^とか^^という顔文字が嫌いでした。
^^;や^^;は特に嫌い。

でも悪いのは顔文字ではなく使い方かなと、年を取るに連れて思えてきたのです。
そしてその顔文字が嫌いになる理由として一番多いのが、嫌いな人が使っていたから。

同じ顔文字でも、人を楽しませようとして使っている顔文字は好き。
人をイライラさせる使い方をした顔文字は嫌い。

つまりアレですね。顔文字に罪はない と思います。

じゃあどういう状況で、どういう使い方だと顔文字が嫌いになってしまうのかというと、これは非常に言葉にしづらいですね。

う~~ん、例えば、Bさんが「A君と付き合うことになった^^」とCさんにメッセージを送ったとします。
Cさんが、Bさんを心から応援していて、BさんもA君と付き合えるように努力していたら、ムカつかないと思うんですね。
むしろ良かったね~!と思うし顔文字も嬉しそうに見えるし、好意的に感じられます。

でもこれが、CさんがA君を実は好きで、Bさんもそれを薄々気がついていて言ったんだとしたら、多分すごくムカつきますね。
あなた(Cさん)頑張ってたのに、何もしなかった私(Bさん)が対して努力もせず付き合えることになったのよねみたいな、余裕の^^が顔文字から醸し出されている気がしますね。

しかもその後、「A君とデート行った^^プレゼントもらったけど、3万円もするバックだった^^;」
ってメッセージが来たら、発狂するかもしれません。
あー、いや私はプレゼントより、「A君意外と甘えてくるタイプだった^^;」とかの方がムカつくかな。

何で若い頃に嫌いだった顔文字をわざわざ使うようになったのかと言うと、^^や^^;の顔文字を使う事によって、逆に面白い文章にしている人やブログに出会ったからです。
使い方で全然変わるんだーって思いました。

私もそんな使い方を出来るようになりたいものです・・・^^;
(これはどうだろう?ムカついてしまうのかな?私もまだまだよくわからない・・・。)