今から1ヶ月ほど前、少しへこんでいました。

長年アフィリエイトをやっていると、こんなコメントも来ます。

辛かったです。
このブログは好き勝手に書いていますが、アフィリエイトの方はできる限り読む人が嫌な思いをしないよう、細心の注意を払っていました。
自分の収益よりも優先していました。

にも関わらず、こんなコメントが来てしまいました。
こんなに気を使ったのに来てしまった・・・。

ご飯が喉を通らず、ブログを書くにも文章が思いつかなくなりました。

どんなに気をつけたって、万人に好かれるブログは作れない。
それはもちろんわかっているけど、このコメントはそんな感じじゃない・・・。

あ、わかった。
どんなに頑張ったって、あんたなんか無駄なんだよって言われた気がしてへこんだんだ。
数少ないブログの長所を否定された気がしたから。

ちょっとずつ頭を整理していきました。
このコメントは、ちょっと雑でした。ということは、コメント主は時間のない人か、いつもの読者ではなく検索でたまたまやってきた人。
コメントの該当記事を読むと、確かに私はいつもより顔文字の使用が多かった。
デリケートな内容なので、あえて明るめにしようとしたのが裏目に出たのかもしれない。

私は何よりも、いつもの読者なのか、たまたまその日見ただけの人なのかが、一番気になった。

色々頭を整理していくうちに、たまたま来た人だろう。という結論になった。
たまたま来た人が、私のブログを読んでイライラしたから、そのイライラをお持ち帰りせずにコメントに残して発散していったのかもしれない。もしくは、その記事はデリケートな内容だから、その人もデリケートな悩みを抱えていて、そのストレスを発散していったのかもしれない。

まぁ日頃から私のブログにイライラしていて、流れ者のフリしてコメントをしてきた可能性もありますが・・・。

そういえばどこかで、売れるアフィリエイターとは、アフィリエイター側が読む人を選ぶくらいの方が売れると読んだことがありました。
むしろ批判コメントが殺到するくらいの人。

それがもし本当だとすると、私の数少ない長所だと思っているところが、長所じゃないことになるんだけど・・・^^;

私が売れないアフィリエイターなのは、売れてる人が手段を選ばないのに対して、私は良心的だからということかしら。
前半部分はそうだと思ってるけど、後半はやっぱりそう思えないな^^;
私がもし売れるアフィリエイターになったら、手の平を返して手段を選ばない人になるのかもしれないし・・・。

やっぱり嫌だなぁ。出来るだけ誰にも嫌われずにお金持ちになりたい。
もしかしてこれはわがままなんだろうか?
わがままだな、働いてない、し・・・。