何年か前から徐々に人気が出てきた「恋は雨上がりのように」の漫画がアニメ化されます。

フジテレビの”ノイタミナ”にて、1月11日の木曜24時55分~放送。
ノイタミナ?
ノイタミナとは、アニメーション(Animation)のスペルを逆読みしたものだそうです。
何か機器でもいるのかと思いました^^;そういうわけではないみたいですね。
2005年から始まった、深夜アニメ枠(ノイタミナコーナー)で放送されるという意味っぽいです。

話の大筋の内容は、アキラ という女子高生の女の子が、バイト先の45歳の 店長 に恋をするという28歳差の年の差恋愛話です。

正直言うと、若い頃は嫌いなタイプのアニメでしたね(本日もいつも通り上から目線)
こんなに若い子が45歳のオジサンにベタ惚れとか、あるかぁぁ!と、若い頃なら設定の時点で読むのやめてたと思う。
私も実際26~7歳の時に50歳手前のオジサンに告白されましたが、絶対に嫌だ~!と思いつつも付き合ってやっぱり別れました。

でも、こちらから好きになって、こっちのペースでいいならば、恋愛になることもあるかもしれない。
う~ん、と言うより、この漫画はリアリティー云々にこだわるより、純情さとか、キラキラした感じが楽しいかも。
最近よくある大コマでセリフは少なく、表情で魅せる漫画。
富士山さんは思春期とタイプが似てますね。

若い頃の私は、設定が嫌いな時点で一切見なかったけど、そこを妥協すればいい漫画いっぱいあるんだなぁと思いました。
まぁ電子書籍サイトの1巻試し読みとかを狙い撃ちして、完結までちゃんと読んだ本はほとんどないですが^^;
試し読みすると、続き買いたくなるんですよね。あれ我慢するのが結構大変ですw
この漫画は面白かったので、確か5巻くらいまで読みました。

最初はアキラと店長がくっつくのは、ちょっとな~・・・、と思いながら読んでいたのですが、2巻3巻あたりでジャマが入って、「ちょっとー!ジャマだわ~!」と思ったので、あれやっぱりなんだかんだ言って、くっついて欲しいのかな~と思いました。ハイ。
そう自覚してからは、アキラが積極的に店長にアタックする度に、「よぉぉし、いいぞぉ~!アキラ行っちゃえ~!」と読みながら力が入るのですが、中々進展しませんよ・・・。

ところで、最近(?)の少女漫画とかで、女の人が好きな人の匂いを嗅ぐ?シーンとかを見ることがあるのですが、それやりたいと思うもんなんでしょうかね・・・?
この漫画でもあるんですけどね。アキラが店長が着ていたシャツの匂いを嗅ぐシーンが。

↑の予告編にもありますね。
嗅ぐっていうより思いっきり吸い込んでましたが^^;
でも、見ていたら羨ましくなっちゃって、私も昔好きな人の匂いを嗅いでいればよかったぁぁ~!と思いました。どうでもいいか^^;

読んでいくうちに段々と、こんなに綺麗な子がまっすぐに好きな人を追いかけて、店長も否定しすぎず、逃げずに、葛藤しつつも若い頃に戻ったつもりで楽しんで受け入れるのが素敵ですね。受け入れるって中々できないかも、いったん嫌われて別れてしまうと、思い出してしまったキラキラした感情や想いを断ち切らなきゃならない。女子高生のアキラなら、次があるだろうけど・・・。
そんな店長は中身男前・・・、なわけでもないんですよね^^;
普段は頼りないキャラで、他の女子店員のダメ出しを食らいまくっています。

そして登場人物が全員いい人ですね^^(悪いところもあるんですけど・・・。最近の漫画は悪人善人がはっきりしないのがいいですよね。)

あとそういえば、私はやっぱり気温や情景を感じる話が好きみたいです。木とか青空とか。
空が青いだけで嬉しくなり、雨上がりの木を見るだけで綺麗だと心から思った、10代の頃を思い出すんだわぁ~・・・。