エハラマサヒロさんのツイッターが話題になっていますね。
https://twitter.com/eharamasahiro/status/954215329483247616

「雑誌がまた一人の天才を殺しました。」って一文が強烈でした。

全くもって個人的な意見ですが、小室哲哉さんは、どこかで不倫がバレることを覚悟していたのかなとも思いましたね。
辛くてずっと誰かに何かを訴えたかったのかもしれません。

小室さんは、確かにもう音楽を作ることは限界のようでした。
だから引退は仕方ないかもしれません。
でも、あれだけの偉業を成し遂げた人だったのに、こんな終わり方になるなんて・・・。
もっと賞賛されながら引退するべき人でした。

過去には確かに詐欺行為などもあったけど、歌詞がすごく美しくて、あんな歌詞を作れる小室さんは絶対に良い人だと私は思います。
どこでだったか忘れましたが、過去に小室さんは「歌詞は楽しい、メロディは大変」みたいに言っていました。
多分「HEY!HEY!HEY!」だったと思うんですが、違ってたらすみませんね・・・。

偉業を成し遂げたって仰々しい言い方ですけど、ほんっとそれくらいすんごい人でした!!
アラフォー、アラフィフはドンピシャでしょうか?
あっ、ところどころちょっと古い言い回しするかもすみません^^;

小室哲哉さんといえば、「小室ファミリー」で一世風靡をした90年代を代表するミュージシャンの方です^^
私も当時、ほんっと好きで、特にglobeのCDはよく買っていました。

まず最初は、TRFの「BOY MEETS GIRL」と、

篠原涼子さんの「愛しさとせつなさと心強さと」ですよ!

うわーかっこいい~!新しい音楽きたー!って思いましたね~。
あ、音楽詳しくないので、感想は適当です^^;

trfは、その後「CRAZY GONNA CRAZY」も大ヒットしましたよね~。
私は「BOY MEETS GIRL」が一番好きでしたが、あとあんまり売れなかったみたいですが、「masquerade」もかっこいいなぁ~って思いながら聴いていました。「survival dAnce〜 no no cry more 〜」なんかは、これからは私たちの時代よ!って感じでかっこよかったな~。trf全盛期スタートを感じましたね。
「CRAZY GONNA CRAZY」

「survival dAnce〜 no no cry more 〜」

「WOW WAR TONIGHT 〜時には起こせよムーヴメント」のダウンタウンの浜田さんとコラボした曲なんですが、これもめちゃくちゃいい曲で、「ほんのひとときでも、自分がどれだけやったか、窓に写ってる素顔をほめろ!」って歌詞を聴いた瞬間に滝のように涙が出ましたもの・・・。

あと、渡辺美里さんの「My Revolution」内田有紀さんの「Only You」も小室哲哉さんだったんですね~!
当時全然知らなかったわ~^^;この2曲もすごく好き!

この後、個人的には小室ファミリー第2世代が始まったと思いましたね。
TRFの人気に陰りが出始めて、華原朋美さんと安室奈美恵さんとglobeの時代になっていくんです。

安室奈美恵さんはやっぱり、「CAN YOU CELEBRATE?」が小室ファミリー世代で1番人気ですが、私個人的には「Chase the Chance」「I HAVE NEVER SEEN」が好きでした~。
でも「Chase the Chance」をカラオケで歌いたかったんですけど、安室さんは「チェイスザチャンス」を「チャンスチェンチャンス」と歌っているように聴こえていたので、歌詞を見ながらどうやって歌ったらいいものかわからなかったんですよね・・・。「チェイスザチャンス」というとリズムに乗れないし。
私の周りでは、この曲にチャレンジする人がいなくて・・・^^;歌ってみたかったんだけどなぁ~。

「I HAVE NEVER SEEN」は、PVがすっごく綺麗で!ただ私はあんまりPVを買って家で見るのには抵抗があったので、「CDTV」っていう音楽番組があるんですけど、当時その番組は上位3位以内の曲のPVを40秒くらい流してくれてたんですよね。それを目に焼き付けて、後で思い出してうっとりしていましたwメロディにすごく合ってて、メロディも好きだったな~。

華原朋美さんといえば「I’m proud」が一番有名ですが、私は「I BELIEVE」と「hate tell a lie」が好きでした^^
「keep yourself alive」もかっこよかったな~。PVが好きでした。あの髪型がかっこよく見える華原朋美さんがすごい。

でもやっぱ一番はglobeでしたね!
「Feel Like dance」から、「Perfume of love」まで全シングル買いました。
当時はお金節約のために、CDレンタル中心だったけど、globeはガンガン買ってたなぁ^^
一番有名なのは、「DEPARTURES」ですが、「Can’t Stop Fallin’ in Love」「FACE」「FACES PLACES」「wanna Be A Dreammaker」「Perfume of love」「SWEET PAIN」とか好きだったな~、神曲多すぎ!
でも一番好きなのは、「Wanderin’ Destiny」が、すごく綺麗な曲で好きでした~!

そして当時は、「何枚同時リリース」というのが流行っていて、たしかGLAYも2枚同時リリースしていたかな。
ラルクも3枚同時リリースして。
globeは、それを超える4枚連続リリース!
クオリティ落ちるかと思っていたけど、全然そんなことなくて。
でもこの少し前くらいから、globeは売上が少しずつ落ちている感じがしていました。
オリコン番組とか見ていると、順位落ちるのが早くなっていたし。
私が気づいたぐらいだから、ご本人たちは当然もっと感じ取っていただろうななんて思ったり・・・。

そんな時、当時この4枚のCDを聴いて私が勝手に感じたのは、
「wanna Be A Dreammaker」って、keikoが叫ぶところがシビれるんですよね^^
絶叫って感じじゃなくて、私の叫び声が聴こえていますか?って感じで悲しそうなの。

そして4枚目の「Perfume of love」は歌詞全体が、”時代が変わっても私たちを忘れないでね”ってメッセージに聴こえたんです。まぁ実際は違うんでしょうけど、当時の私はそう思った^^

2枚目の「Sa Yo Na Ra」と3枚目の「sweet heart」もそんな感じでした。私がglobeのCDを買ったのは、この4枚が最後だったなぁ。

そしてこの後、小室ファミリーの第3世代だと私が勝手に思っている、鈴木あみさんとtohkoさんhitomiさんが出てくる。
この3人も大人気でしたけど、やっぱり第2世代が一番の黄金期だったかなぁ。

鈴木あみさんも、結構CD買いましたね~。
っていうか、小室ファミリーのCDは実家にかなりありますw
鈴木あみさんは、「love the island」で爽快な歌声の子だな~って感じだったんですが、「all night long」を聴いた時に、わ~かっこいい~!と思って、第3世代はこの子なんだろうな~って思いました。すごくテンションが上がる曲ですね^^
でも「white key」が一番好きかな~!
私は「BE TOGETHER」まで買いました。

tohkoさんは、めちゃくちゃキーが高くて、私も声が高いので、tohkoさんの歌うたいまくってました。
「 BAD LUCK ON LOVE 〜BLUES ON LIFE〜」は、歌うとすごくスカッとするんですよね。
歌の感じだと、globeのkeikoさんでも良くない?って最初は思っていたんですけど、何十回と聴き込んでいるとkeikoさんが貫禄とテクニックで上手に歌いこなすより、まだぎこちないtohkoさんのどこか危なさと不安げでフレッシュさを表すような感じが出ていて良いんですよね。でも今聴いたら、歌こんな上手かったんだって思いました。

小室ファミリーの人気は、実質この辺りまでだったかな~って記憶しています。
この後、宇多田ヒカルさんとかが出てきて、かっさらっていったんですよね。
私は当時若かったし、音楽大好きだったから、流行を敏感に感じ取れた。
同じ曲でも、時代が違うと響き方が全然違うんですよね。
宇多田ヒカルさんが現れてから、小室ファミリーのCDは買わなくなったなぁ。

でも、あれから20年くらいが経過して、久しぶりに聴くと10代の頃のように懐かしくなるんですよね。
今の音楽は全然わからないからなぁ^^;
引退自体は仕方ないと思うけど、こんな幕の引き方は残念ですね!
今の若い人たちはあまりわからないかもしれないけど、私にとっては一生に一度しか現れないレベルの人!超天才な方なんです!!
もう生きてるうちに、小室哲哉さんほど心に響く音楽を提供してくれる人には出会えないかもなぁ・・・。