紅茶花伝のニュースがあって、久しぶりに紅茶花伝のことを思い出しました。
なんか60万本自主回収したとのことですが、タンパク質が沈殿していた?とのことで、それほど大したことではないっぽいかな?
「紅茶花伝」60万本を回収=変色などで—コカ・コーラ
あ、この記事じゃないですね・・・。どれを読んだのか忘れてしまいましたw

紅茶花伝のロイヤルミルクティーなんですけど、私は280mlの缶タイプを、工場で働いていた時に毎日飲んでいました。
ものすごく暑い作業場所で体力仕事だったので、毎日尋常じゃないくらい汗をかいていたんですよね。
夜勤工場の休憩中なんですけど、やっぱ夜勤で食べると夜食っぽくなるっていうか、食べたあと眠くなっちゃうし。
だから汗かく部署とかだと飲み物しか飲みませんでした。
その方が体もよく動いて、いい感じでしたね。
私は夜勤専属だったからまだ良かったんですけど、夜勤と定時を掛け持ちして、いつ寝てるんだぐらいの人は、やっぱり缶コーヒー飲んでましたけどね。多分ジョージアのエメラルドマウンテンだったかな?が人気だった気がします。

で、その当時なんですけど・・・、私は紅茶花伝を毎回2~3本飲んでました^^;
280ml×3って、840mlか~。45分休憩の間にぺろっと飲みきれましたね。

私的には紅茶花伝がベスト。スポーツドリンクよりもよかった。なんでなのかよくわかりませんが^^;
あと午後の紅茶とか、他の紅茶もあったんですけど、紅茶花伝じゃないとダメなんですよね~。
その当時の感想ですが、まるで水みたい だったんです。紅茶花伝の味が。
ちょっと甘い水をガンガン飲んでる感じ。
あっ、じゃあちょっと甘いミネラルウォーターでいいじゃん?って感じですよね。
いやあ、違うんですよね。水だと物足りないんです。
工場で体力仕事だったんですけど、きっと頭の中もフル回転してたんです。
ちょっとでも効率よくやらないと、追い込まれて身動きできなくなりラインを止めてしまうので・・・。
なので、体力回復っていうか、脳を含めて体全体の疲労回復に紅茶花伝がすごく良かった。

工場をやめて、全く体力を使わなくなって何年も経過してから紅茶花伝を飲んだのですが、「えー!こんなに甘かったっけ?」とビックリしましたね~。まぁ好きな味だったんですけど。おやつやケーキと一緒だと美味しいだろうな~。