私はこれまでに10以上の工場で働いてみましたが、食品と機械製造 では、仕事内容が違うかな。と思いました。

また、男性と女性でも違いがあります。
(ほぼ男性にしか出来ない部署があります。)
10年以上前のうろ覚えの記憶なので、参考程度にしてもらえたら・・・。

ちなみに私がこれまでに勤務したことがある工場。
①機械製造(パソコンの組立や部品集め)1年くらい
②食品工場、2年くらい
③食品工場、3ヶ月くらい
④繊維系製造、3ヶ月くらい
⑤食品工場、10年くらい
⑥化粧品製造、2ヶ月くらい
⑦食品工場、4ヶ月くらい
⑧食品工場、1年半くらい

私は派遣会社に登録していたので、短期であと2つほど勤務した記憶があるのですが、数日感くらいのド短期だったので、仕事内容が全く思い出せません・・・。
しかも、うち1つが、送迎バスの迎えの場所がわからなくて、数日のうち1日目を遅刻したことだけは覚えています^^;
ちゃんと確認しましょうね~ほんと(私がな・・・。)

機械製造工場の仕事内容は、こんな感じでした

機械製造は、ライン作業でひたすら同じ作業をします。
10年以上前でうろ覚えですが、途中まで組み立てられた部品に、自分が担当する部品をひたすらはめ込む作業とか。

そしてもう一つが、ピッキング作業。
ピッキング作業は、指定された部品を倉庫の中から見つけ出して、それらをまとめて提出する作業。
ピッキングは、結構楽しいです。
ただ背が低い私は、高いところにある部品を取るのに苦労しましたが。

コミュニケーションは楽ではないかな・・・。

私は一応、接客のアルバイトもしたことがありましたが、接客は毎日違う人と決まった会話(いらっしゃいませなど)をすればいいし、お客がいる間は店員同士での日常会話とかする必要がないんで、そういう意味では楽でした。

もうぼっちを決め込んでいたらいいんだけど、ピッキングとかで他の人に出くわしたら、「どぉ~?」とか話しかけないといけないのがしんどかった・・・。
私はもちろん、最初はぼっちで行こうと思っていたんだけど、職場の人がみんな仕事中に会話しているから、自分だけしないわけにいかなかった・・・。
あとお弁当とか、トイレ休憩の15分間とか。

話のネタを作るために、あまり好きじゃない人と付き合い、彼氏ネタで毎日の休憩時間を何とか凌ぎました・・・。

繊維系製造工場の仕事内容はこんな感じ

繊維系の仕事ですが、おしりふきです。
これは結構きつかったです・・・。
私の行った工場だけかもしれませんが、ラインのスピードがハンパなかったです。
そしておしりふきが結構重い。1つ1つが分厚くて、それを左手に2つ・右手に2つ持って大急ぎでダンボールに入れるんですが、30分で手がおかしくなる。
上手い人は3つずつ持てるんだけど、私は無理だったなぁ・・・。
ダンボールに入れる時にぐちゃっとなっちゃうから。直す時間ないし。
20代という若さだったから、何とか出来た仕事かな・・・。

うろ覚えですが、「前検査」があって、ここで不良品を取り除いたりします。
大事な作業なので、この作業は、私みたいな新人にはさせてもらえませんでした。
その後、ピロー機で包装されて、その後も検品があります。(包装の不具合がないかどうかなど)
その後がダンボール詰めだったかな。
あ、でもシュリンクを通すこともありました。(シュリンクとは複数の商品を1つにまとめる透明のフィルム)

私は直感で、ここの仕事は無理だって思いましたけど、とりあえず短期契約の3ヶ月間は耐え抜きました。
正直、全然仕事はできなかったし、怒られてばっかりでしたが、猫の手も借りたいほど人手不足だったようで、延長を進められました。もちろん断りました・・・。

ここも若い子が多くて、ぼっちになりにくい職場でした。
しかも仕事内容が悲惨すぎて、3ヶ月間で泣いてる子を何度も見ました。
私もよく怒られましたが、このきつすぎる仕事内容じゃ、仕事できない人に苛立つのも仕方ないかと思い耐えました・・・。

化粧品製造工場の仕事内容はこんな感じ

私、今でも不思議なんですけど、何でこの工場に勤めようと思ったんだろう^^;

さすがに化粧品製造工場だけあって、可愛い・綺麗・オシャレな人が多かったです。
場違い感ハンパなかったです。
ここでも一生懸命ぼっちにならないよう、食事の時間も話を振ったりしたんですが、私が話し始めると、シーンとなってつまらなそうな相槌を打たれ・・・、うわぁぁ今でも思い出すだけで穴に入りたくなる。
2ヶ月ほどで、逃げるように去りました。

ただ、仕事は他の工場と比べると、かなり簡単な方だと思いました。
まずラインのスピードがめちゃくちゃ遅いです。(他の工場と比べてですが)
かなり濃いメイクをすると、他の工場なら仕事帰りにメイクが崩れてる人も沢山いたけど、この工場は大丈夫でした。

食品工場の仕事内容はこんな感じ

食品工場は、パートは主婦が多いです。
ただ長時間のパートなら、フリーターも結構多い。
いやぁ~すごい。仕事中に器用に喋りながら仕事しますからね・・・。
終わったらぐっちょり汗だく。

主婦たちばかりの中で、フリーターだと肩身が狭く、すぐやめる人も多いですが、そこをグッとこらえると、次にフリーターの人が入ってきたら、「あっ、他にもフリーターの人がいるじゃん。」と思ってもらえて、一人二人と仲間が増えてくることもあります。

仕事内容は、まず製造(食品の型を作る作業。男性が多いです。)から製品が流れてきて、それをオーブンで温め(オーブンでの検品作業があります。結構暑い。)金属検知器を通し(これは機械なので無人)ピロー機で包装し、サックに入れ、シュリンクでまとめ、ダンボールに入れるというライン作業がほとんど。

オーブンでは味付け作業もあり、この味付けが大変。分量の間違いは許されないし、(間違えたら商品全回収で数万円~数十万円の不良品を出すことになる)棚卸で在庫が違ってたら、いつ違いが出たのかと大問題になるし、そのくせスピードが早いので、職人技みたいなのが必要でした。でもやりがいがあって、ハマっていたときは、スコップ1回できっちり400gをすくえたりできました。(これが出来ないと作業に間に合わないことがある。)不良品回収が結構多かったので、スピード落とせばいいのに・・・と心の中でよく思ってました^^;

ピロー機も結構大変だった。ドッキング(古いフィルムと新しいフィルムを合体?させて、新しいフィルムに切り替えること)が上手くいく時といかない時があった。セッティングが緩いと脱輪して、フィルムがずれることもありました。
これが対処方法がなかった。その日その日で、ピロー機のご機嫌を伺いながらセットしていました。
冴えてる時は、「あっ、今日はキツめじゃないとダメかも」って気がつくんですけどね。

コミュニケーション下手だったり、仕事ができないと食品工場では働けない?

ということはないと思います。元々私はコミュニケーションが苦手なので、工場で働き始めました。
ネットでもコミュニケーションが苦手でも働ける場所と言ったら「工場」という人が多いです。
コミュニケーションが苦手でも工場なら働けるもんだと思って来ました~って顔しながら、仕事に応募すればいいと思います。

私は工場でもコミュニケーションって必要じゃん!って思いましたけど、もっともっとコミュニケーションが必要な職場で働いている人からすれば、ないに等しいと感じるのかもしれません。

また、工場って初めてだと仕事が出来なくて当然です。
何ヶ月も中々覚えられなくて怒られることもありますが、ある日いきなりパズルのピースがハマった時のように、いっぺんに覚えられることもありますね。

あと得意な仕事と苦手な仕事とか、嫌な人がいて仕事が上手くいかなくても、数ヶ月ほど我慢してみると、違う部署に飛ばされて仕事がやりやすくなったりすることもあります。その時は、もうちょっとしたらやめようかと思ったけど、やめなくて良かったぁ~って思いましたね。

・・・と、以上、現在無職の言葉でした。
説得力ないわ!!

そういえば、もう工場をやめて5年になるけど、ロボット化が進んでいるらしいですね。
10年後、20年後はどうなってるんだろう・・・。