母がパートを辞めました。
と言っても、母は掛け持ちしていて、辞めたのは2つのパートのうち1つだけ。

工場のボスパートママの田中さん(仮名)に嫌がらせされたらしい。
どんな嫌がらせをされたかは言わなかった。

もしかしたら説明しにくい嫌がらせなのかもしれない。

母は急に仕事を辞めるような人じゃないので、よほど癇に障ることをされたのだろう・・・。

わかりやすい嫌がらせする人も、嫌いだけど、
わかりにくい嫌がらせをする人は、もっと嫌い。

忖度社会ですしね・・・、説明しにくい嫌がらせされたんだろうな・・・。
まぁ私に同情されるのは嫌だと思うけど、同情してしまう。

前から、このボスママの嫌がらせの愚痴は聞いていました。
40代くらいの人で、工場内で権力を持っているらしく、社員までもがご機嫌を取るようにボスママに話しかけるらしいです。

ボスママの勤務歴は長く、まだ勤務歴半年ほどで20歳近く年上の母にも偉そうだったらしい。

イビリタイプらしく、どうでもいいことを毎日毎日注意してくるそうだ。
母もボスママだとわかっていたので、波風立てないように注意を聞いてきたけど、ある日あまりにも仕事に関係ない注意ばかりされ、本来の仕事に支障が出てきて社員に注意されたこともあり、ある日ボスママに注意されても「先にこれやってしまわないといけないので」と断ったらしい。
その日から露骨にボスママは冷たくされるようになったそうです。
仕事情報はボスママに集まってくるので、ボスママに嫌われると仕事の効率は悪くなってしまいます。
これは私も長年工場勤務をしていたので、よくわかります・・・。

話を聞いた限りでは、すでにボスママは母をターゲットにしていたか、ターゲット候補の一人にしていたような気がします。
どうでもいい注意をして相手に負担を与えて面白がっていたんでしょう。そうやってストレス発散のおもちゃになるうちは同僚として仕事も教えてあげるけど、1つでも気に食わなければ、嫌がらせをしてやろうと思っていたんじゃないかと。

私なら底辺だし仕方ないかと諦めるけど、母は諦めなかった。
短期更新で、次の期限が10月末までだったので、それで辞めようそれまでの辛抱だ、と、歯を食いしばって我慢しようとしていたそうです。
しかしある日突然「もう無理」とプッツン切れて、仕事が終わったあと事務所によって「今日で退職します」と言ったそうだ。

事務所はもちろん驚いて「どうしてですか?」と事情を聞かれたので、ボスママ田中さんにされた嫌がらせや、言われたイヤミなどを全部話したそうです。
その事務所の人が何て返事したかと言うと「○○さん(母)の考えすぎじゃないでしょうか?今まで田中さんについて、そんな風に悪く言う人いませんでしたよ?」と返されたそうです。

いや~・・・、私も母の言い分しか聞いていないけど、仮にもし母の方が悪かったとしても、頭ごなしに考えすぎじゃないでしょうか?と否定してくるところを見ると、ボスママと母とどちらが悪いか聞く気なかったんでしょうね。
まぁ辞める決意している母と、影響力のあるボスママ、母の味方をするメリットないですもんね。
それでもせめて、「それは大変でしたね」か「田中さんについての相談は初めてですが、今後他の人もそういう被害に遭う人がいるかもしれません、考慮しておきます」ぐらいあってもいいんだけど。

まぁ事務所的には、急に仕事を辞める迷惑な人としか見えていないんだろうけど、私なら母が慣れた職場を急に辞めるって(研修で仕事が合わないとすぐにわかったので初日でやめたことはあるらしい)余程のことがあったとわかるんだけどなぁ。

どっちが悪いとか、どっちの言い分が正しいとか判定してくれるAIとか出来ればいいのになぁ。
おおっと、話が脱線した^^;

しかし母が田中さんの名前を初めて事務所の人に伝えたことで、イエローカードまでとは行かなくても、ファール1つくらいの印象は与えられたのかもしれない。
母は60歳手前で、あと数年でリタイア。もう二度と行けない職場が1つくらい増えてもどうってことないと思って、退職理由も正直に言えたのかもしれない。それ考えると母も勝ち組だなぁ・・・。(まぁ年金は月5万円くらい?らしいですが)私も目が覚めたら60歳くらいにならないかなぁ。あ、また話が脱線した。

ところで急にパートを辞めたことで、もう一つ問題があったそうです。
それは有給消化。あと8日有給があり、全部使うと4万ほどになるそうですが、事務所が色々手続きがあるので、あと何回か来てもらわないと有給は使えないとのこと。
行くのは事務所なので田中さんと顔を合わせるわけじゃないですが、それでもあんな塩対応事務所だし、母はもう行きたくないとのこと。それに怒ったのが父(無職)。

事務所に行くだけなのに何でだよ!と散々怒られたそうです・・・。
母「もうお父さんホント他人事だと思って嫌になるわ。あんなところ二度と行きたくないの!4万を失ってでも行きたくない。kinbaならわかるわよね?」と言われました。

わ、私は・・・。
(えっ、4万もったいなって思ってしまったけど^^;)

ううっ黙ってると、母に勘づかれそうだ^^;

私「だ、だよねぇ~。あっそれにさ~、そんな事務所ってさ~、手続きがどうのこうのって、なんだかんだ言って出し渋って4万くれないかもしれないよね、事務所なんか行かなくて正解正解。」

母「・・・・・・・・・・、出し渋ることはないだろうけど・・・。」

(お、おう・・・。)

しまった、そうかも。私は何を言ってるんだ・・・。
ただ無難に賛同していれば良かった・・・、まぁいっか^^;

そんな母は、早速次の職場の面接に行くそうです。
行動が速い・・・。やっぱり私は父似。