父が2か月くらい前に中々咳が止まらなくて、私や他の家族も行っている個人病院で診察してもらいました。

外から見える症状としては私と似ていて、最初は私と同じ咳喘息なんじゃないかと思っていました。
医者もそう判断したようで、吸引するタイプのステロイド薬が処方されていました。

私は以前、吸い方と量を間違われていて、医者に怒られてへこんだんですよね^^;
で、父はもっと下手だったんです。いや、吸う気ないのかよ!みたいな^^;
私は父も医者に怒られるんじゃないかと思って、
「いや~、それだと吸えてないよ。こういう感じで吸うんだよ。スーーーッて勢いよく。」って教えたのですが、「すぅすぅ」みたいな感じで全然吸えてない。
一週間後くらいになると咳はひどくなり、(だから言ったのに・・・。)と思っていました。
呼吸がつらかったとは気が付かず、無理に吸引させていたことを後悔した・・・。

弟は何かを察知していて、妹にこんな質問をしていたらしい。

「お父さん入院するの?」

「うん~。」

「お父さん死ぬの?」

「ううん~。」

「死んだらどのくらい入院するの?」

「え?」

死は治療できると思っているらしい。

私は実家にいた時によく妹とRPGをしていたけど、私は冗談半分ですぐに「死」という言葉を使っていました。「ぎゃーそれは死ぬw」とか^^;
あとはRPGで戦闘不能になった時に「あぁ!死んだ~生き返して~。」とか。

私のアパートに来た父と弟を、こっそり隠し撮り。
弟が外のバスを眺めているのを一緒に付き合う父。

・・・部屋が汚い^^;これでも掃除したんですけどね・・・(特に床)