NHK受信料裁判の後、立花孝志さんの動画の再生数がすごいらしいです。

NHKは逆にこの人を有名にしてしまいましたかね・・・。
私も前から知っていましたが、以前は風貌と動画もNHK集金人に怒鳴っていたりして怖いイメージがあったのですが、その動画ばかりが有名になっていて、本当は動画の9割以上が、ごく真面目に解説している動画ばっかりでした。誤解していました・・・。

NHKは、公平に皆さんに受信料を負担して欲しいというスタンスですが、私は公平にするなら、スクランブルをかけて欲しいです。
実際できるはずなのに、やってないということは、「公平に負担」とは言っているけど、実際はそう言って受信料を取りたいだけ なんだと思います。

私はNHKの番組を観てるので(実家で)、NHKの番組が嫌いなわけではないんですけど、やり方は嫌いですね・・・。

NHK受信料の契約をしている人で払ってない人は、裁判になる確率が少し高い(?)けど、支払い年月は最大で5年分でいいとかなんとか・・・。
一方契約をしていない人は、裁判になる確率は低いけど、負けた時に支払い年月がテレビ設置日からになる可能性があるみたい?です。
でも一番のポイントは、裁判費用を立花さんが負担してくれるみたいです。
(立花さんは弁護士資格を持っていないので、逆に立花さんに裁判のお礼を渡さない方がいいそう?です。)
NHK受信料の裁判は怖いイメージがありました。
どう怖いのかというと・・・。裁判をかけられると受信料だけでなく裁判費用も払わないといけないので、とんでもない出費になると思っていました。
裁判費用が無料なのだから、裁判されるまで受信料は払わなくていいでしょう。と解釈したけど合ってるかなぁ。

チャンネル登録数も、数日間で2万人くらい増えていました。
Youtube動画を視聴すればするほど、いいのですね。
そうすれば・・・、っとあまりあらかさまにお金の事を言わない方がいいのかな。

動画で一番衝撃だったのは、議員・公務員・弁護士・警察官 にも払ってない人がいるとのこと。
さらにNHK集金人にも払っていない人がいるそうな。

NHKをぶっ壊すというのが活動のコンセプトになっていますが、おそらくプランとしては、未契約未払の人を増やして、NHKが裁判を間に合わないようにさせて、この制度をぶっ壊そうとしているんじゃないかなと思いました。

たくさん動画をみて勉強したつもりですが、いかんせん難しいのであんまり頭に入らなかった^^;
間違ってたらすみません・・・。