私は意外にも、4人の男性に告白されたことがあります。
残念ながら私の方が、好きにはなれませんでしたが・・・。

そのうちの1人が、20歳以上年上のAさんです。

当時の私は20代後半、Aさんは40代後半でした。
20代の私から見ると、Aさんはやっぱりおじさんでしたし、何より外見が全く私のタイプではありませんでした。
(自分の容姿を棚に上げて言うか・・・。)

生理的に無理なレベルでしたので断りたかったのですが、「生理的に無理だから」とフラれる辛さは私が一番よく知っているので、付き合うことにしました。

Aさんもきっと、”外見の好みだけで人を好きになってしまい、何も手につかなくなってしまう病” に犯されてしまってるんだと思いました。
Aさんの苦しさを取り除いてあげたかった。
あ、いえ私の容姿は悪いのですが、Aさんは私の「20代の若さ」というものにどうしようもなく惹かれてしまったんだと思います。

そうして私とAさんは付き合い始めました。
Aさんは若い頃に婚約者がいたけどダメになっちゃったとか。
それ以来デートをするのは、20年ぶりくらいなんだそうです。
それを聞いて、(あぁやっぱりな・・・)と思いました。
きっと私のように、恋愛経験が少ないんだろうなと思っていたんです。
1回目のデートでは、車の中でお互いのことを話し合い、キスをして終わりました。

2回目のデートでは、すぐにホテルに行きました。
3回目と4回目のデートもホテルでした。
4回目でホテルに行った時は、Aさんのお金が足りないということで割り勘になり、5回目のホテルは私の方が多く支払いました。

私はこのあたりで気がつきました。
Aさんは「私の若さ」に惹かれたけど、実際に付き合ってホテルに行くと、思った程じゃなかったと感じたのでしょう。

こうなるともう別れるのは簡単でした。

私は「年下の女に多く払わせるなんてー!!もういい別れる!!」と、泣きながら怒って帰りました。
泣くつもりはなかったのですが、(よ、よし今から別れの言葉を言うぞ!)と思うと、緊張して気持ちが高ぶってしまい、気がついたら泣いてました。

次の日「怒らせてしまってごめんね。今までありがとう。さようなら元気でね。」というメールが来ました。

別れてしまったけど、もし彼が私と付き合えていなかったら、”外見の好みだけで人を好きになってしまい、何も手につかなくなってしまう病” からずっと立ち直れないかもしれない。その病を克服することができずに、他の若い女性を好きになってしまうかもしれない。

外見が好みの人と付き合えても、実際にデートをすれば、「こんなものか。」って気が付けると思います。
彼がこの病から解き放たれて、次の恋がステップアップしていますように。

私もステップアップしたいですが、叶わないままアラフォーになってしまいました。
今でも好きになる男性は、外見(顔や声やしぐさなど)の好みだけです。
でもまぁ今は引きこもっているので、片想いすらありませんが・・・。