最近、記事を書こうとしても、言葉が出ないことが多くなりました。

「サービス精神」が出てこなくて、アレ、アレが高い人なんていうんだっけ~~!と30分悶えました。
「気遣いが高い」とかで検索したのですが・・・。はい。答えが出てきません^^;
でも、何かカタカナだったかも?と少しずつ答えが出てきて、最初の言葉はサだったかも、いやスだったかも?と、ちょっとずつ言葉が出てきて、あー!サービス精神だ!と30分後くらいに、いきなり答えが出ました^^;

あと最近多いのが、家を出た後に「カギ閉めたっけ?」と何度も家に帰ってしまいます。
カギ閉めたっけ?→うん。閉まってるな、よしよし。で、原付に乗ろうとしてから、IHクッキングヒーターの電源切れてるよね?(調理後、数時間も経過して付いているわけないよねと思いつつも・・・)→カギを開けて、IHクッキングヒーターの電源確認→カギ閉めて原付に乗ろうとする→カギ閉めたっけ?のループを5回くらいしてしまいます。何か月か前は、IHクッキングヒーターの電源が切れていることを携帯に写メを取って「切った!」といつでも見れるようにしないと気が済まない時もありました。これは脳過労の症状とは違うかもしれません。

もっと頑張らなきゃ!って、アウトプット作業を必死にやろうとしてたからだ!頑張りすぎたんだ。きっとそうに違いない!と思ったのですが、念のため原因を検索したところ、答えは違っていました。
30代から要注意!脳の老化の原因となる“脳過労”とは!?【ひでたけのやじうま好奇心】

逆でした。色んなブログを読みすぎたり、やじうま根性でニュースとか読みすぎたり、インプットが過剰だったみたいです。

ただ、言い訳させてもらうと、インプット過剰の理由なんですが、私はアウトプットが苦手でストレスがたまるため、ストレス発散の為にインプットについつい走ってしまったせいでした。

バランスよく出来たらいいのになぁ・・・。

気が付いたらタブを20個くらい開いていて、うわぁ画面重い^^;と思って閉じていったら、最初に開いたタブの記事なんて読んだことすら忘れていました。

最近スランプみたいで、前はまだアウトプット1にインプット10くらいやればできたんですが、今はインプット20くらいやらないと作業できない・・・。
っていうか、スランプという言葉を思い出すのも2分くらいかかりました・・・。

これ、似たような症状に「若年性健忘症」もあるみたいです。
スマホで検索などに頼りすぎて、自分で考えなくなってしまったことによるものだそうです。
ただ、この場合の対処法は、脳内トレーニングなどが挙げられています。
(脳の休憩という対処法もあるらしいですが。)

脳を休ませるのと、脳をトレーニングするのと、対局の対処法ですよね。
どっちが自分に当てはまるのか、慎重に見極めないとですね・・・。

脳疲労チェック診断リスト

脳疲労チェック診断リストというのがありました。
あなたの脳疲労レベルをチェック。脳にいい7つの食べ物とは?

ちなみに私は、
食事がおいしくないと感じることがある→×
便秘がちである→×
最近、判断力が低下したと感じる→×(昔から)
考えがまとまりにくい→〇(最近特に)
無気力になることがある→〇
気分が沈んで暗い気持ちになることがある→〇(前からですが・・・)
夜中に目が覚めやすい→〇(っていうか、宅急便で目が覚めます)
集中力が続かない→〇
物忘れが多い→〇
体を使わないのに疲れを感じる→〇
いつもイライラしている→〇(引きこもっているので、比較できる人があんまりいない・・・。)
何もないのに不安を感じることが多い→〇(前からです)

9個なので、危険信号のようです。
うっ、こういうのをついつい探してしまうのもインプット過剰ですかね・・・。
女性に脳疲労が多いのは何となくうなずけるのですが、閉経はそんなに関係ないかも。
・・・って、「脳過労」じゃなくて「脳疲労」なんですね。似ていて見間違えたので記事内も修正しました。どっちにしろ私には当てはまる・・・。
脳過労チェックリストは探したらあったのですが、NHKのサイトだったのでやめておきます。すみましぇん・・・。