働いていた頃から、一生誰にも会いたくないと思っていました。
今も変わっておらず、このまま一生誰にも会わなくてもいいと思っています。

私は自分も他人も嫌いです。
ですが、最大級の嫌いとは無関心なんだそうです。
私はニュースなどを見たり、他人のブログを見たりして、よそ様のことが気になっているので、完全に嫌いというのとは違うのかもしれません。
う~ん、でも嫌いなところもあるけれど好きなところもある、これ以上嫌いにはなりたくないので、そうなる前に関心をなくしてしまおうと考えて距離を置くとか、話したら誤解を溶けるかも知れないけど、その時間がないので無関心になってしまおうとしている人も多いだろうと思うので、やっぱり無関心が最大の嫌いというのは、ちょっと違うような気もするんですけどね。

引きこもってゲームがしたいならオフラインゲームをすればいいのですが、私はオンラインゲームの方がしたいです。
自分が有利な状態であること、が条件なのですが^^;
引きこもっていたら時間は圧倒的に自分の方が有利だし、時間をかけてじっくり作戦も練ることができます。
最初にしっかり作戦を練っていたら、(ぐぐって、どのキャラの成長率が高いかとか調べたりとか)有利になること多いですしね。
早い話が、チヤホヤされるなら人と会話したいのかもしれません。

自分が好かれるとか、尊敬される立場でなら、人と会いたいと思っているのかな。
って、そんなの誰でもそうかな?^^;;
そうなりたいなら、そういう努力しなさいとか、まぁその通りなのですが、それを書き始めると長くなるのでやめておきます。

若い頃に彼氏とデートの待ち合わせをした時に、駅で待っていると、たくさんの女性とすれ違うんですね。
彼も、私と会うまでにたくさんの女性とすれ違うんだろうなぁと思うと、私と会った時にがっかりするんじゃないかと思って、そのがっかりを少しでも減らそうと、濃いメイクをしたり、できるだけおしゃれして行ったものの、それでも足りないよなぁ・・・と。デート前の女性のワクワクドキドキとか感じたことないんですよね。はらはらざわざわしかない。

自分の外見に自信がない割に、いや、自信がないからこそなのか、私はかなり鏡を見てしまいます。
駅の柱で自分の姿が反射しているのを、他の人とのスタイルの差を比べたりとか、「この女の人とは身長近いかな?」と思って、通り過ぎるふりをして、こっそり一瞬だけ並んで反射しているのを見て「うわ、こんなに身長差あるのか」と思ったりとか。ちなみに今は縦だけじゃなく横もチェックしてしまう^^;
完全な鏡だけじゃなく、ちょっと姿かたちが反映されているもの(柱とか壁とか)にまで、自分と他人の外見の差を見比べてしまいます。

そういえばデートは、極力自分が先につくようにしていました。遅刻もしなかったと思います。
遠距離で付き合ってた人は、毎回交通費こっちが全額持ちで、新幹線や電車の到着が思っていたより遅れたりとか寝過ごしたりとかで、遅れたことはありましたが・・・。
なんていうか、「お待たせ、待った?^^」「ごめんなさい!遅れちゃった!」で彼氏の怒りを取り返せる自信がなかったのです^^;

現実世界で人と会うと自分が不利な立場になることが多かったから、自分が有利な立場でなら人に会ってみたいのかもしれません。
そりゃそうだろうよ・・・。