N国党が底なしのピンチに陥っているようです。
先日これ以上ないピンチに見舞われている!とハラハラしていたら、今やそれ以上のピンチ。
ピンチって底がないのね・・・。

でも大丈夫。することは、応援することだけ。
私はバカだから、立花さんの頭の良さは証明できない。
その人に誰よりも良心があるか見極めるだけ。
私は今までイメージで人を見ていることが多かった。
でも、今回は動画を見たりして出来るだけ長い時間をかけて判断し続けています。
良い人だという判断は全く変わってない。

人間だから判断を間違うこともある。
でも立花さんがいつもベストを尽くしてくれていることに何ら疑いはない。
これほど他人の為に無理をする人は初めて見ました。
人間として惚れるレベル。
恋人のかようさんの支えも大きくて、以前かようさんのことを悪く思っていたことを申し訳なくなってきてしまう。
N国党のスパイがいるらしいけど、万が一かようさんだったら詰むだろうな^^;
そのくらいN国党には、なくてはならない存在ですね。
まぁ、かようさんでは流石にないだろうけど・・・。
以前、立花さんと4日ほど、喧嘩して喋っていない話とかを暴露していたんですよね。
表には全く見えなかったからびっくりだわ。あれほどの激務こなしながら・・・。

立花さんがピエロを演じていると言っていましたが、支持者も同じかも。
どれだけピンチでも不安になっても、馬鹿みたいに見えても「大丈夫だいじょーぶ!」って言ってるんですね。
どれだけピンチで不安でも、何も指摘しない。不安であるだけなら黙ってる。
何手も先を読む人を信じる。それで間違えたなら、一緒に間違える。
絶対間違っていると確信した時だけ、全力で止めたい。
毎回細かく止めてたら信じてもらえないだろうから、じっと我慢する。そんな感じかも。

人間って、勝つ喜びよりも、負ける悔しさの方が大きいらしいですね。
つまり、「勝ちたい」よりも「負けたくない」生き物らしい。
私は底辺で負けることには慣れてるけど、でも諦め気分で負けることはあっても、これだけ感情を入れ込んで負けたとしたら悔しいだろうね。
何年ぶりくらいに、その苦汁を味わうことになるかもしれない。
でも、生まれて初めてその負ける悔しさを同じ支持者の人達と分かち合えるのかな。
悔しさを他人と分かち合うのって、初めての体験になるかも。

でも喜びを分かち合いたいから、勝つことを信じてピエロを演じ続けよう。そうしよう。
このブログでは、本音を書くと思いますけどね^^