ネットには沢山の詐欺情報商材があり、消費者センターにも相談が増えています。
実は・・・私も引っかかったことがあります。泣き寝入りしましたが・・・。

詐欺情報商材の特徴

最近は、詐欺情報商材も多様化しています。
アフィリエイター歴5年の私も、見分けるのは難しいです。
取り敢えず、これは詐欺情報商材かもしれないという特徴を挙げてみます。

時間制限のあるもの

時間制限のある情報商材が全て詐欺情報商材とは言い切れませんが、詐欺情報商材って詐欺ですから、中身勝負ができないんです。
ですから、時間制限を付けたりして、考える暇を与えずに購入させようとします。

嘘の戦争っていうドラマ知ってます?草彅剛さんが主演のドラマ。
詐欺の成功率を高める方法は、”相手に考える時間を与えないこと”って言ってましたね^^

あと、広告をクリックすると「残り24時間です!」と広告内でタイマーがスタートしたことがありましてね。
1時間後に見ると、「残り23時間です!」になっていました。
24時間経過するとどうなるんだろう?と思って、翌日にクリックすると、「残り24時間です!」とタイマーがまたスタートしました^^;
こういうわかりやすい詐欺情報商材もあります^^;

悪い評判が書かれていることもある

その情報商材の会社名や商材の名前などを検索すると、たまに「それ良くないよ~。」ってネットに情報を挙げてくれている人もいます。
ただ、これはあまり情報が出ていないこともあります。
理由の一つに、情報商材によっては、「購入後、根拠のない悪評などは書かないようにお願いします。」と警告(?)する人もいるんですよね・・・。
私も購入はしなくても、資料請求したことがあって、そこで警告されました。
こう言われると、怖くてできませんよね・・・。

また別のパターンもありますね。”ねずみ講”のような情報商材です。
例えば、「この情報商材で月100万円稼げるようになりました!」という謳い文句に釣られて5万円でそれを購入し、蓋を開けてみたら・・・。
なんと、あなたも同じ方法でこの情報商材を売って、月100万円稼ぎましょう! という内容だったということです。

そうです。なんてことはない、その情報商材には情報はなく、ただ単に5万円払っただけなんですね。
でも「この方法は売れますよ~。現にあなたも買ったでしょ?この情報商材をあなたも売れば、1件につき20%払いますよ。」って言われれば、本来被害者のはずの人が、詐欺アフィリエイター側にまわってしまうんです。
5万円を取り返そうとしてね。
騙された人ほど、どうやったら相手を騙せるかわかりますからね・・・。

証拠画像載せます。と言ってあるもの

画像って簡単に加工できるらしいですね。

例えばこの画像、報酬10万円と書かれていますよね。

実際は0円です。

私なんか全然加工知識もなく、ペイントで数字を変えただけです。
本物と並べるとすぐに偽物だってわかりますが、偽物画像だけなら気がつかない人も多いんじゃないでしょうか。
ペイントでも簡単にできます。やり方に詳しい人ならもっと似せられると思います。

とにかく煽ってる

中身で勝負できませんから、とにかく煽って購入させようとします。
すごすぎ!!この方法で月100万円稼げるようになりました!!とか。何かビックリマークがやたらいっぱいあったり。
煽ると本当に売上上がるんですよ。アフィリエイトって・・・。

でも、最近はその方法に限りません。逆に↑のような文章を警戒する人もいますからね。
煽るのは何もビックリマークをいっぱい付ける方法だけじゃないんです。数字で煽れます。
この方法で月100万円稼げるようになりました。で十分なんですよね。
本当に月100万円稼げる方法なんて滅多にありませんから、十分魅力的です。

数売ってあてようとする情報商材が多い

情報商材って薄利多売よりは、引っかかった数少ない人達から高く巻き上げようとします。
そして宣伝方法は、1000人にPRして、1人が引っかかってくれればOK。
だってひとりひとりに時間と手間隙かけて宣伝して、買ってくれなかったら無駄になってしまいますからね。
ですから、基本的に宣伝に手間暇はかけません。迷惑メールで大量に流したりとか。
興味のない人に売り込みに行ったりはせず、沢山釣り針を垂らして引っかかるのを待つのです。

興味を持っている人は、手間暇をかけてPRせずとも、向こうからやってくると考えている詐欺アフィリエイターが多いようです。
ただしこちらから、「興味あります。」など言って連絡をとれば、それはもう逃がさぬよう、かなり宣伝されますけどね。

隠れた名店のような詐欺アフィリエイターも

迷惑メール等を大量に流したりもせず、ただ淡々と自分のサイト上だけで「今月も沢山稼いだ」とアピールしているアフィリエイターもいます。
検索上位でもなく、長くアフィリエイトをやっていても、中々見つかることのないサイトとか。
「このサイトをよく見つけましたね。あなたは勉強家ですね。私はそういう人をコンサルしたいと思います。」と、まるで自身のサイトを”隠れた名店”のようにPRするアフィリエイターもいるんです。

もちろん本当にそういった、”あまり表には出ないけどコンサルの上手な人”もいると思います。
ただひとつの指標として、「稼げるアフィリエイターはSEO対策(検索上位表示対策)を知ってる人が多いので・・・。」
検索下位な時点で、疑ったほうがいいのかなと思いますね。

ちなみに私は、この方法に引っかかりました^^;

詐欺情報商材に引っかかりやすい人

何度も詐欺情報商材に引っかかってしまう人の特徴を挙げてみます。

即決する人

アフィリエイトでよく言われているのが、「明日やろうは、バカ野郎」などですね。
売れないアフィリエイターは、行動が遅いからダメなど・・・。
この煽りを素直に聞き入れすぎて、ほんとに即決して買っちゃう人です。
あと調べるのが面倒だから、フィーリングだけで決めちゃうとか。

「確かに無料ブログをはじめようか、1ヶ月以上悩んでる。」とかだったら、悩んでる時間がもったいないわって言いますが、有料のもの・情報商材などを購入することにおいて、悩む時間は大事です。

情報商材は、基本的に購入意欲を上げるために、煽り文句がたくさんあります。
冷静な判断ができなくなるんです。
少なくとも、その情報商材を見て、その日のうちに決断することは絶対に避けること、をオススメします。
眠れば少しクールダウンしますよ^^

お金がなくて焦っている人

アフィリエイトで稼ぐには半年以上頑張らなきゃいけないとよく言われていますが、お金がなくてすぐに稼ぎたいと焦っている人は「この方法で、すぐに月100万円稼げるようになりました。」という煽りに引っかかりやすいです。
眠ってクールダウンした後でも、お金がなくてすぐ稼がなければならない人は、目が覚めてすぐに情報商材のことを思い出してしまいます。

このタイプは難しいです。出来るだけ冷静になることが大切です。

自分は詐欺に遭わないと思っている人も実は危ない

私個人の意見ですが、一番詐欺に遭わないタイプは、詐欺に遭ったらどうしようってビクビクしているタイプかもしれません。

自分は詐欺に遭わないと自信を持っている人も結構狙われます。
情報商材の詐欺って、最近は向こうからガンガン来ることはあまりないんですね。
先程も書きましたが、沢山釣り糸を垂らして引っかかるのを待っています。
自分は詐欺に遭わないと思っている人の特徴として、「詐欺師の煽りに負けず、自分で冷静に判断したら大丈夫。」と思ってる人も多いです。
ですから自らグレーゾーンの情報商材を見てしまうこともあります。
ビクビクしている人は、そもそもグレーゾーンの情報商材には見向きもしないですからね。

手口は多様化しているので、ほんとに冷静になれるタイプの人でも、向こうの方がうわてかもしれませんよ・・・。

詐欺情報商材を回避するには

”買わない理由”を探す

先程も書きましたが、情報商材は、基本的に購入意欲を上げるために、煽り文句がたくさんあります。
それを見ると、「この情報商材を購入すれば、自分も月100万稼げるようになるかも。」「毎日5時間以上の大変な作業が30分以下になるかも。」と買いたい理由ばかりがたくさん頭の中で浮かんできます。

ですので購入する前に、”買わない理由”を自分で考えてみるのです。
「3万円の情報商材か。ほんとかどうかわからない。お金をドブに捨てることになるかも。」「毎日パソコンでサイトを眺めているだけで、1日1万円って、そんな方法を何でわざわざ人に売るの?」「この3万円を別のことに使ったほうが有意義かも。」

そうやって買わない理由を考えてみると、「この3万円で他のアフィリエイターさんと会う交通費に使って、意見交換したほうが有意義かも?」とか、
「今月は給料日までまだまだあるし、今3万円使うとマズイかも。」ということ等に、気が付けるかもしれません。

情報商材はすべて詐欺?

情報商材のほとんどが詐欺って言う人もいますが、正直言うと、これがよくわからないんです。
だって情報商材って沢山ありますので。1000以上はあるのでは?
1000以上購入して検証できた人っていないと思うんですよね。
ですから、情報商材がほとんど詐欺って、証明できる人はいないと思います。
そして私は友人が10万円の情報商材を購入して、売上が10倍(年収100万)になったことがあると教えてくれたことがありました。
まぁその情報が使えたのは1年だけだったみたいですが・・・。それでも十分、元はとれましたよね。

そう、情報商材は消費者センターへの相談がたくさんあるので、詐欺情報商材がたくさんあるのは事実です。
でも、中にはほんとうに稼げるのもあります。だから、見分けるのがとても難しいのです。

私は、稼げる可能性があるのに、何で情報商材を試さないの?と煽る人と、
情報商材を購入して詐欺に遭った人に対して、情報商材なんて全て詐欺なのに購入するのが信じられないという人、どっちにも違和感があります。

私の個人的な意見としては、詐欺情報商材の中には見分けるのがとても難しいものがある。甘く見てかからない方が良い。 と思います。

・・・。せっかく詐欺情報商材に引っかからない情報を得たかったのに、結論は結局それかいって思われそうなのですが、包み隠さず正直に言うと、ほんとこれなんです。

このことを知ってから私も、ついこれは当たりなのかもと期待してしまったり・・・。
ですが、運良く当たり情報商材をすぐ見つけられる人もいれば、何十万円投資しても、詐欺情報商材ばっかり引いてしまう人もいます。
クレームの多さを考えると、詐欺情報商材は本当に多いのでしょう。

インフォトップなどの紹介URL経由ならば、インフォトップが審査をしているはずなので、まだ信用度は上がります。
それでも中々詐欺情報商材を見分けるのは難しいです。
インフォトップのような老舗アフィリエイトサイトですら見分けられないので、イチ個人が見分けるのって本当に難しいと思います。

ただ一つ言えることがあります。
迷っているなら買わないが正解。

私は迷って購入して後悔したことがありますが、迷って購入しなかったことで後悔したことはありません。

魅力的な煽り文句についつい購入したくなってしまいますが、迷っているということは、自分の中の何かが警鐘を鳴らしてくれてるのです。
その理由をトコトン考えてみて下さい。