2015年の6月頃に、歯の神経を抜きました。
(前歯の真ん中あたりの歯です。)

抜いた理由は、冷たいものを飲む時に耐えられない痛み、そして何もしていなくても「ズキンズキン」としてくるからです。
普通の虫歯ではない痛みを覚えました。

歯医者に行くと、神経を抜くことを進められました。
神経を抜くと、歯が死んでしまう?ので、できれば抜かないほうがいいんです。
でも、「ここまで進行していると抜いたほうがいい」んですって。

「前歯の真ん中あたりの歯なんですが、抜くと何年か後に黒くなってくるかもしれません。女性なので気になるかもしれませんが・・・。」
と言ってくれました。
ありがとうございます!でも私の見てくれは、歯が一本黒くなるくらいどうってことありません\(^o^)/

一番気になるのは、痛いかどうかってこと・・・。
「麻酔するので痛くないですよ」
と言ってもらえました!そうなんだ、よかった~。

早速、歯の神経を抜いてもらいました

まずは麻酔を打ちます。その後、麻酔が効くのを待ちます。
あとは、神経を抜いてもらいます。

・・・はい、あっという間でした。
痛みはあったかどうかですが、全くの無痛。
強いて言うと、自分の歯から糸が抜けていくような感覚がしました。

歯の神経を抜いた後は

数日後に様子を見てもらい終わりました。
根幹治療?というのもあるらしいですが、私は特にしませんでした。
抜いたあとの痛みですが、正直言うと覚えていませんw
数日ほどは、ちょっとズキズキしたかもしれませんが・・・。
2年前とはいえ、痛みにめっぽう弱い私が覚えてないくらいなので、多分ほとんど痛くなかったんだと思います。

抜いて2年後・・・

痛みは全くありません^^
熱いものや冷たいものを感じられなくなるので、食べ物が美味しくなくなる?とも聞いたことがあるのですが、神経を抜くか迷っていた歯は、10年以上前から知覚過敏で冷たいものが飲みにくかったんです。
今は、がぶがぶ飲めるので、逆に熱いものも冷たいものも美味しくなりました。
温度は舌で感じられたら十分です、私は・・・。

ただ一つ気になることが。
歯の根元?が緑色になってるんです。2ミリほど。
黒くなるとは聞いたことがあるけど、緑色って・・・?
ググってみると、歯の神経が死んでしまうと、歯の根元が緑色になることもあるそうですね。
ほっと一息。

10年後も、この状態を維持できればいいなぁと思います。