私はトーク番組や、ワイドショー番組とかをよく見ますが、出演しているコメンテーターの人がコメントした時に、
「あ、私なら今のコメント、もうちょっと面白く言えるのになぁ~」とか思ったりします。
これは多分、珍しいことではなく、同じようにそう思いながら見ている人も多いと思います。

それから、面白い人が旅番組とかで楽しそうにしていると、
「この人と一緒に旅番組に出たら楽しそうだなぁ」とか思ったりします。
いや、その前にタレントじゃないですけどね、私・・・。

これは引きこもり前から、テレビを見ると、そんな風に思っていました。
心の中で思うだけ、その時に想像するだけなので、そのことについては何も思ってませんでしたが・・・。

引きこもるようになってから、段々何か、「ん?大丈夫かな?この感情」と思うようになりました。

何故かというと、私は1人暮らしで引きこもっているので、ここ数年、ほとんど誰とも会話していません。

テレビを見れば、誰もが多少ならずとも、出演タレントに感情移入すると思います。
けれどそれは、毎日会う職場の同僚よりも遠い存在です。
しかもテレビタレントは、私が見ていることも、何を思ってるかなんてことも知る由もありません。

けれど、私からすれば、たまにしか会わない家族の次に、テレビタレントに感情移入しているようです。
私はブログをいくつかやっているので、ブログ上で頻繁にコメントをやり取りする人たちもいますが、顔・職業・性格などがわかるテレビタレントの方が、好きになったりしやすいみたいです。

働いていたり、恋人や家族が居れば、
家族→恋人→友達→職場の同僚→知人、などに、
自分の持っている愛情や尊敬する気持ちや信頼する気持ち、逆に嫌いになったり、文句を言ったり、などは、その人たちにもちろん注がれるのですが、それらの交友関係をシャットアウトしている私は、持て余されたその感情を、テレビタレントに感情移入してしまっているのかなと思いました。

例えばコメンテーターが、不祥事を起こした芸能人に対して、
「好きだったのに。もう彼の○○は二度と買わない。」と言っていたけど、
数ヵ月後に復帰した時に、「いつも○○さん(不祥事を起こした人)の○○買ってるんですよ~」と言っていて、
(なんで?あなたのコメント信頼してたのに・・・。)なんて、思わず考えてしまっている自分がいました。

引きこもっていなかった頃の私なら、このコメンテーターが好き、このコメンテーターは嫌いとかぐらいはありましたが、コメンテーターが数ヶ月前に言ったことなど、覚えてもいなかったでしょう。

芸能人は遠い存在の人だ。
・・・と、今日は強めにインプットしておきました。

この感情を、何か上手いことプラスに出来たらいいんですが。