私はこれまで4人の男性を好きになったことがありますが、見事に全員に振られました。
その時に立ち直った方法を記載したいと思います。
あ、すごく地味な失恋&立ち上がり方で・・・、ほぼ一人妄想で終わった失恋ばかりです^^;
恋人と別れた、振られた場合の立ち直り方ではありませんので、ご了承くださいm( _ _ )m

次の恋を見つける(上書き)

男性の恋愛は「名前を付けて保存」、女性の恋愛は「上書き保存」ってよく言われますよねw
次の恋を見つけたら、あっという間に立ち直れます。

特に、プライドがズタズタになる系の振られ方をした時は、これが効果てきめんでした。
ちなみにプライドがズタズタになる系の振られ方なんですが・・・、
私の場合は、ネットで知り合った男性がいて、お互い好意を持っていました。
ですが、もう一人同じ男性に好意を持っている女の人がいたんですね。

で・・・、その女の人が、男性に写メを渡したんです。
その日を境に、男性の態度が一変。
私は、なんてヒドイ女なんだ!と言ったんですが、男性に「金葉さんの写メ見せて~」って言われまして。
見せたら・・・、あ、はい、振られました・・・。
振られたっていうか、私が告白する間もなく2人が付き合い始めまして・・・。

現実でまともな恋愛が出来ないんだから、ネットの世界でささやかなプラトニックラブくらい楽しませてくれたっていいじゃないかぁぁ、って、私も自分では止まらないくらい暴走してしまって、ネットで彼がログインするのを待ち伏せしたりして、ストーカー化してしまってました。
そして、よせばいいのに2人のその後をずっと探っていたら、女の人の方がブログで、「ネットで知り合った人と同棲はじめました」って書いてて、私はプツーンとキレました。
と言っても、これ以上2人にキレても惨めなだけだから、家族に八つ当たりするっていう最悪なパターン、最悪な人ですよね私・・・。

あと未だに私は理解できてないのですが、私は横取りした女ヒドイ!って周り(ネットで私たちのことを知っている人たち)に相談したんですが、周りの意見は満場一致で「酷いのは男」 とのことでした。
「え~??なんでよ~??」って聞いてみても、「女の敵は女って考える人の典型(?)だよね・・・。」みたいな回答しかもらえず^^;
一番悪いのは、両方の女性を天秤にかけた男とのことです。

話は戻りますが失恋した時は、じっくり傷と向き合って、泣いて消化して、時間が経つのを待つのが良いと思うんですが、この失恋に関しては自分でも緊急事態でした。

そんな時、ものすごくタイミングよく、職場に新しく転属されてきた男性がいました。
Yさんって人です。
私は職場の人を好きになりやすいタイプです・・・。

その人が、どこの地方かわからないんですが、なまり?方言があって、それに萌えて好きになりました。
仕事もめちゃくちゃ真面目だし・・・。

しかも、ありがたいことに(?)、結婚や恋愛に興味がないのか、女の人との噂が全くありません。
安心して好きになれました。

そしてその男性は正社員で、私はパートだったので話せる機会はほとんどない・・・かと思いきや、正社員の人も、パートの仕事を覚える期間というのがあるらしいんですね。
幸運にも私はその人の指導役に。
あのなまり、声を間近で聞いてるうちに、以前の失恋を忘れて、すっかり毎日ご機嫌になりましたね。
私の家族はどう思ったんでしょうね・・・。呆れるやらホッとするやら・・・?^^;;

ですが私は、またしても失恋します。

時間の経過を待ったり、趣味にハマってみたり

指導役が終わった後も、Yさんはたまにわからないことを話しかけてくれたりしました。
パートのほうが知ってるかなってこととか・・・。
でも、まぁあらかた教えたら、向こうも用事がなければ話しかけてきたりしませんので、話す機会はほとんどなくなりましたが。

真面目に仕事をしているのを、遠くからちらっと見るくらいでした。
なまりがほんとに可愛いかったので、誰かYさんに話しかけてくれないかなぁと思いながら・・・。

ある日、Yさんに話しかけられました。私が重いものを(25kg)を持ち上げようとした時に、「持ちましょうか?」って言ってくれたんです。
Yさんに話しかけられちゃったぁ~!(子供か^^;)って喜んでました。
でも、次の日からYさん見かけなくなっちゃって。

後から知ったんですが、元の仕事場にまた呼び戻されたみたいで、帰ったそうです。

凹みましたね・・・。
でも、以前の時のようなプライドがズタズタになる感じではなかったです。

ひとりで甘いチョコレートを食べながら、こっそり泣きました。
数日ほど泣いてみた後、好きなゲームをプレイしてみました。
最初は内容も全く頭に入ってこないけど、徐々に「あ、面白いなぁ~」って。
RPGとか、アイテム収集が面白いですよね。
そのうちにアイテム収集が楽しみになって、徐々に失恋した悲しみが消えて行きました。

後日談なんですが、Yさんは2年後くらい?に、また戻ってきました。
ただその時、私はすでに職場に別の好きな人が出来ていました・・・。
それでもYさんにも少しときめきましたね・・・。Yさんにはどうでもいいでしょうが^^;

そして、この別の好きな人、Tさんなのですが、Tさんには告白しました!
でもやっぱり振られました・・・。

失恋ソングを聴く

失恋ソングといえば、シーモのマタアイマショウですね。
別に失恋している時じゃなくても、聴いてるだけで涙が出ます・・・。
あの歌は、実際に付き合ったカップル同士の別れの歌なので、そもそも好きな人と付き合えたことがない私には当てはまらないのですが、メロディーが、失恋して落ち込んだ心をしっかり悲しませてくれるなぁと思いました。

あと、ドリカムのサンキュも好きです。
ドリカムといえばLOVELOVELOVEが有名なのですが、私はこの歌が一番好きですね。
落ち込んでいる心に、よしよしよく頑張ったね・・・って頭を撫でてもらえるような感覚になります。
メロディーもすごく綺麗・・・。

そして、浜崎あゆみの花火エピソード2も失恋した時に聴きます。
この歌は、沢山悲しんだ後で、そろそろ立ち上がりたいな~っていうシメ(?)に聴く感じです。

Yさんの場合は、告白もしませんでしたし、する気もありませんでした。
私は元々、職場の人を好きになりやすいですが、その職場の人と付き合えることは、ほぼ諦めています。
Yさんは女性の気配もなかったので、嫉妬もしなかったし、安心して好きになっていられました。
それで十分だったんです。もちろん付き合えれたら・・・とは思いますが。
まぁ、それで十分だったので、わざわざほぼ振られるとわかってて告白せずとも、このままこっそり夢を見ていようと思いました。

一応、誘ってくれたりしないかしら・・・と隙を作ったりはしますけど^^;
隙だらけなのに、全然誘われない・・・。というか、好きじゃない人に誘われました。
それは後日書こうかなと思いますが。

Tさんの場合、告白してダメだったわけですから、これはもうがっつり失恋ソングを聴くしかないなと思いました。

Tさんですが、新しい部署を立ち上げる際に、人手を増やすため求人を出したところ、新しく入ってきた人でした。
一目惚れとまではいかなくても、(うわー、かっこいい・・・)と心の中ではっきり自覚しました。
しかし、同時に私と同い年の女性、Iさんも入社してきました。

私もTさんもIさんも、パートです。3人ともいい年してフリーターってやつですね。
ただ、結構フリーターが多いです。
20人前後の部署に、20代男性が3人、30代男性が2人、20代女性が3人、30代女性が2人、他の年代10人くらいで、ほぼみんな独身フリーターでした。

話はズレましたが、Tさんはカッコよかった。私のストライクゾーンど真ん中に入ってました。
しかし、Iさんも同じだったようです。Iさんは私と同い年ですが、私よりも全然可愛かった。
これは負け戦じゃありませんか。まずいまずい、関わらないようにしよう・・・。
Tさんをかっこいいと思った気持ちを完全に蓋をして、なるべく関わらないようにしました。

関わらないようにするのは簡単でした。
Tさんは朗らかな感じの人で、黙ってても人が集まってきました。
私がわざわざ避ける必要もなかったのです・・・。

話は少し前にさかのぼりますが、実は私には彼氏が出来ていました。
なんと、20歳以上年上のAさんという男性に告白されていたのです。
さすがにオジさんだなぁ・・・、って思ったんですが、好きな人と付き合えない辛さは知っているので、門前払いはしたくなく付き合うことにしました。

このままIさんとTさんが付き合ってめでたしめでたし、となるかと思いきや、ここでHさんという男性がIさんに猛アプローチをしました。
どんな職場やねんと思われそうですが・・・。仕事はしてましたよ、、、多分・・・。

Iさんもわりと私と同じタイプのようです。門前払いは悪いと思ったようで、Hさんと付き合うことになりました。

しかし、2~3ヶ月ほどでIさんとHさんは別れました。
私も・・・、女は愛するより愛される方が幸せなのかも?と思ったんですが、ダメで別れました。

そしてIさんですが、実はIさんには婚約者がいるんだとか。
今の時代も親の決めた許婚と結婚させられる人がいるんですね・・・。
でもIさんは、どうみてもTさんが好きで諦められないみたいに見えました。

さて一方の私ですが、私はちょっと悪い奴・・・?になりました。
TさんとIさんは入ってきたばかりの新人、私は一応、8年長のベテランという部類でした。
あらかさまというほどでもないけど、TさんとIさんの部署が離れるよう、ちょっと細工というか、Iさんとは合わないな~ってのを周りに言いました。それを言っただけですけどね。でも言えばどういう結果になるか、大体予想が付きました。

それから少しして、部署を2つに分けることになったんです。
私とTさんは同じ部署、Iさんは違う部署に行くことになりました。
※信じてもらえなさそうですが、仕事は真面目にやっております。
※このあたりは、今思い出しても、痛い・・・痛い奴だったな自分・・・って悶えそうになります。

そして肝心のTさんですが、Tさんがどう思ってるのか、当時の私にはさっぱりわかりませんでした。
Iさんがやっぱり好きなのか、私も脈があるのか、それともこのいざこざ(?)が早く終わって欲しいと思っているのか・・・。

今思えば、Tさんの優しさだったのかもしれません。
私が好きであれば、何考えてるかわからないような振りなんかする必要ないからです。
きっとIさんが好きだったんだろうけど、婚約者もいるし諦めようと思ってたんじゃないかと思います。

私は猛アプローチはしませんでした。Iさんが別部署に行き、嫉妬することもなくなったので。
しかし、職場の同じ部署の人には、私がTさんが好きなことはバレバレだったようです。
「ねぇねぇ金葉さん、Tさんって○○方面に住んでるんだって~。」と情報を渡してくれる人もいました^^;
今思えば、周りの人に結構面白がられてた気もします・・・w

部署内でベテランは私だけだったので、Iさんが別部署に行った理由もきっとTさんにもバレていますが、Tさんは変わらず優しく接してくれました。
ある日の仕事終わり、私が自販機でジュースを飲んでいると、Tさんともう一人ムードメーカー的なオジさんも、ちょうど仕事終わりで通りかかりました。
オジさんが、「あっ、そうだ2人にワシ、ジュース奢ったげるよ~」と言って、ジュースを2本買ってくれたんです。

私は「いえ、私既に飲んでますし、オジさん飲んで下さい」と言うと、
「若いから2本くらい飲めるって~」と言って私にジュースを渡し、帰ってしまいました。

ええええー??
これは・・・、あからさまに2人きりになるようにしてくれた・・・??!

恐る恐るTさんを見ると、ぷしゅっとジュースを開け、飲み始めていました。
Tさんも私も、壁にもたれてジュースを飲みました。
何の話をしたか、あんまり思い出せないなぁ・・・勿体無い。
なぜかアニメの話をして、Tさんが同人誌の話をしたことだけ覚えています^^;
Tさん同人誌持ってるんだぁ~って、妙に印象に残ってて・・・。

しばらくしてTさんが、しゃがんだんです。
びっくりしました。
えっ?もっと喋っていいってこと??いや、しゃがんだくらいで深読みしすぎ・・・?
でもしゃがんだら腕が触れそうなくらい、距離が近いんですが・・・。

うわー、どうしよう?しゃがんでいいのかな??ってか、私だけ立ってるのおかしいよね?
どうしようでも腕g

で、

パニクった私は、ジュースを一気に飲み干して、「じゃぁそろそろ帰ります!お疲れ様~!」と言って帰りました・・・。

Tさんと2人きりで喋ったのは、これが最初で最後だったなぁ~。

それから間もなく、Iさん達が別部署から戻ってきました。
別部署の仕事が思ったよりも早く終わっちゃったんですね。

TさんとIさんが、ちょっと喋ってるだけでイライラ・・・。
※真面目に仕事はしていますが、何人かに八つ当たりした気がします。うん最低・・・。
休憩中などは、Iさんは輪に入ってこなくなり、1人でいるようになりました。
何これ、私がいじめてることになってるのかな・・・?どうしよう、どうしよう・・・。

私は、Tさんに告白することにしました。
ある日、Tさんが風邪で休んだんです。そして次の日、出勤してきた時にTさんに話しかけました。
私「Tさん風邪大丈夫?」
Tさん「あぁうん・・・。」
私「寂しかったよ。私、Tさんのこと好きなんだ。」
Tさん「え?」

私「Tさんのこと好きだから」
と、念を押すように言って、その場を去りました。
付き合いたいわけでなく、ただ好きだと伝えたかった。
もう薄々と私は脈なしだと気がついていました。
私なりに、私は遠慮なく気持ちを言ったから、あなたも遠慮しなくていいよってつもりだったんですが、今思えば、いやいやいや怖いわ・・・。ベテランが”私あなたのこと好きだから”と言って束縛してるみたい・・・??
職場に居る痛い人を地で行きましたよ・・・。

それからのTさんは、極力私にもIさんにも話しかけなくなりました。
そして・・・私が告白してから約2ヶ月後にTさんは退職しました・・・。
退職は1ヶ月以上前に申し出ないといけないので、ほぼ私が告白した直後くらいに退職を決意した模様。

悪いことをしてしまった。
ごめんなさい。
ごめんなさい・・・・・・。

後で知ったのですが、IさんとTさんは、メールアドレスを交換していたそうです。
ガーン!私は聞かれなかった・・・(わかりやすい脈なし)
い、いやIさんが無理やり聞いたのかも。
・・・でも、Tさんの方から、時々メールが来たらしい。(ダメじゃん・・・。)

そうか、お互いにメルアド知ってるのかぁ~。
上手くいってるといいな。メルアドくらいじゃダメかしら。
ただ上手くいってるといいとは思うけど、もしそうだとしても知りたくないな^^;
まぁ私に出来ることは、これ以上関わらないことだけだ。

そんな私も、この失恋はかなりこたえ、気が付けば仕事に没頭し体を壊してしまい、Tさんが退職した半年後に私も退職。

ある日、母は、鍋ラーメンを作ってくれました。
鍋ラーメンは一番の大好物。
美味しかった、美味しい・・・。
そうだ、失恋したって、この世には楽しいことがいっぱいある。

でも・・・、
失恋ソングを聴いて泣いてしまった。
私に泣く資格はないかもしれないけど、ほんとは好きな人に一度でもいいから触れてみたかったし、デートもしてみたかった。

私は見た目とか、声とか、そういった外見的な好みばかりでいつも人を好きになるけど、一度でも付き合えれば、外見は好みでも意外と付き合ってみると中身の方が大事だなとか、思えたかもしれない。
でも、外見が好みの人と付き合えたことがないから、ずっと成長せずに、こんな年になってしまったのかもしれない。

いじめられてた過去を思い出し、好きな人にキモイと思われることを過剰に恐れたせいかもしれない。

でも、なんだかんだ理由を付けて、土俵に上がろうとしなかった。

あぁ告白はしたか。あれは土俵に上がれてたのかな。

もう5年以上前のことですが、Tさんのことは未だに好きです。
さすがに全然会ってない状態でときめいたりはしないけど、再開したら間違いなくまた好きになるだろうなぁと思います。

Yさんも好きです。古い携帯にこっそり写真を撮ったんですが、(何かの賞に表彰されたみたいで、写真が廊下に貼られていたのをこっそり写メに撮ったという^^;)充電器を捨ててしまい、見れなくて後悔しています。
何かお金をかければ、充電する方法もあるらしいですが・・・。

ネットであんなに長くストーカー(半年位)していた人は、全く好きではなくなりました。
かなり綺麗に上書きされたと思います。

そして、ここには書いてませんが、私にはもう一人、好きになった人がいました。(もちろん振られましたが。)
その人も、全く好きではなくなりました。しかもちょっと辛い目に合いました。
それは今度書きたいなと思います・・・。