今から約5年前。私は一人暮らしをスタートしました。
その時の私は、目指せ!食費1ヶ月1万円以下!! でした。
しかし気が付けば、月1万は軽く下回れるようになり、さらには月5000円以下に収まるようになったので、その方法を書いてみたいと思います。

食べる回数を1日3食から1日2食にする

いきなりハードルが高いですかね。
私も最初は、何十年も1日3食だったのを、1日2食にするのって、なかなか抵抗がありました。
でも慣れると、もう3食たべるほうが逆にメンドクサイと思うようになりましたね。

中には1日1食という強者もいらっしゃるようです。
私も出来ればそうしたいところですが、食べることは人生の楽しみでもあるので、1日1食となるとやっぱり寂しいものがあります。2食は食べたいです。

ちなみに食べる回数を減らせるのは、働いてないからだとも思います。
外に出て仕事をしてると、エネルギーをとても消費するので、食べる回数を減らすことは難しいかもしれません。

あと、若い人もやっぱり食べる回数は減らさない方がいいんじゃないかと。
年を取ってくると食が細くなるので、私は大丈夫ですが・・・。

私が実際におこなっている、食費を5000円以下にする方法とは

この方法は、大きめの冷蔵庫が必要です。
そして冷蔵庫の温度ですが、強かもしくは強の一歩手前の冷気にしておきましょう。
これで傷みにくくなります。

では、早速やり方を。
まずは、野菜を2500円分購入します。
業務用スーパーなど、安いところがいいでしょう。
ただ、業務用スーパーは量が多いので、一人暮らし分としては1袋ずつの野菜の量が多かったりします。
とりあえず、安い野菜を気にせずどんどん購入していくといいでしょう。

次に肉を1000円分購入します。
ムネ肉は安くていいですね。ほんとについ最近ですがムネ肉にハマりつつあります。

残りの1500円は、調味料や卵や納豆など好きなものを購入します。
急に買い足しが必要になることがあるので、500円は残しておくといいでしょう。

では、大きめの鍋を2つ用意します。
購入した野菜と肉を、切ってひたすら2つの鍋に放り込みます^^;
まぁ毎日鍋になるわけですが、具沢山なので栄養はそんなに偏らないはず・・・。

鍋に入りきらなかったお野菜は、炒めて冷凍保存。
冷凍すれば、1ヶ月くらいなら余裕で持ちます。

それでも野菜が余るかもしれません。その野菜は冷蔵保存しておきます。
ちなみに私は、鍋ばっかりですので、使う野菜はほとんどどれでも良かったりします。
ですので、腐りやすい野菜から先に、鍋に入れて使います。

そしてある程度、保存期間が長いものは、
キャベツ・白菜・玉ねぎ・にんじん・ねぎ・にら、なら2週間~3週間くらい持つと思います。
これらの野菜は、鍋が空いたら調理しています。

最初の2週間は、冷蔵保存している鍋を完食し、空いた鍋を作ります。
2週間後に残りの野菜や肉を、全部使ってしまいます。

そして、その残りの野菜や肉も全部調理して、完食したら、最後に冷凍保存したものを食べます。

これで1ヶ月食費5000円以下生活の完成です^^

つまり、
・2週間で鍋2つ分を食べきる。
・余った野菜をさらに残り2週間で調理して食べきる。
・最後に冷凍保存した分を食べきる。

まぁちょっと早く間食しちゃいそうだと思ったら、業務用スーパーで1食16円のラーメンやうどんなどを購入し、鍋に放り込めばかさ増しできますよ^^

あとは、オムライスなんかもいいですね。
卵2個とライスで作れるので、1食50円以下です。

この方法のメリット

とにかく楽ですね。調理は1週間か2週間に1回ですみます。
大量に作り置きしておいて、基本的に食べる前は温めるだけ。
買い物も1ヶ月に1回でいいので、とっても楽です^^

この方法のデメリット

腐る可能性があることです。
例えば、作り置きしておいた鍋をうっかり冷蔵庫に入れ忘れたとか、
早く使わなきゃいけない野菜を調理し忘れたとかが、たまにあります。
これはでも、慣れたら大丈夫です。
それと、もしかしたら急な旅行の予定とかが入ると、大変なことになるかもしれません^^;

あと大量に作り置きするので、光熱費が少し多めにかかるとみていいでしょう。
+多くても300円くらいだと思いますけどね。

ズボラな私には、とってもよく合ってます。
そりゃ彼氏できねーわ・・・。

あっ、そうだ。お米を考えていませんでした。
お米は年1回、5kgを購入しています。
お米代は、1ヶ月100円~150円くらいだと思っています。