まーたN国党の記事です。数日前からちまちま書き足しているので、読みにくくてすみません。
全然考えがまとまらず・・・。

タイトル書いた後に思ったんですが、怒っているであってるのかな・・・。
叱りつけているという表現の方があってるかも。
相手が謝れば許すというスタンスなので。

まぁいいや、このまま記事を書いてみます。
いきなり話が脱線してこのブログの話なんですが、N国党のカテゴリー作ろうかなぁと思いつつも、検索にほとんど引っかからないし、よく話が脱線するのでしばらくは未分類の中にごちゃ混ぜにしています^^;

N国党は暴力的?

言論でどうにかしようとしたけど、どうにもならなかったから、やむを得ず行動したのではないかと思います。
メンタリストDaigoさんが、「立花さんは理不尽なことと戦う人」だったかな?と発言していましたが、今回もそれに当てはまるのかな・・・。
私の全く個人的意見としては、メンタリストDaigoさんの動画は、私にはあわないな・・・と思って今まで見なかったのですが、立花さんのツイッターでよく見かけるようになって、先日見てみたところ、「立花さんは理不尽なことと戦う人」というフレーズがすごくしっくりきて、確かにその通りだなと思いました。他は私とは考え方違うかなと思うことはやっぱり結構あったけど・・・。(初めて私のブログを読んだ人は、どこから目線なんだ!とびっくりするかもしれませんが、私のブログはだいたいこんな感じです。最底辺の謎の上から目線です、、、。)

ふざけて投票した人は相当数いる?

私は投票したことを記事にするために、わりと長時間ずっとツイッター内を「ハッシュタグ期日前投票」で検索していました。
まぁ山田太郎さんが多かったんで、N国党のツイート自体はほとんど見かけなかった印象です。
ところで、山田太郎さんと山本太郎さん名前が似すぎてて、得票数を間違えてカウントしてしまうトラブルがあったらしいですが・・・。

今になって、「実はふざけてN国党に投票した」というツイートが出始めています。
これは、どこまで本当かわからないですが・・・。

ただ政見放送の内容から考えて、ふざけて投票した人も、確かに相当数いると思います。
ですが、選挙の得票数と比例の得票数?(という言い方で合ってるかな?)1枚目が150万票くらい獲得しているのに、比例は100万票くらいしか獲得出来てなかったんですね。
N国党は全ての都道府県に立候補者を立てられなかったので、1枚目にN国党の立候補者を書いた人が、2枚目N国党以外を書くのだろうか?
仮に書いた人がたまに居たとしても、50万票近く少なくなるのはおかしくないか?など、色々疑問点も沸いてきます。

実は、2枚目に「NHK」と書いた場合は無効になると選挙後にわかったらしいです。
https://twitter.com/nhkkara_ngs/status/1154747976440397824

N国党は、無効票も相当数あったんではないかと・・・。
ふざけた投票数を取り上げるならば、こちらも取り上げて欲しいんですね。
N国党の場合、ふざけた投票数より無効票の方がまぁ間違いなく多いでしょう。

NHKという無効票は、NHKから要請があったのか前からそうだったのか(ツイートを見る限り前からそうだったっぽい?)。
選挙前、立花さんの動画で、省略なら何でもOKと動画で言っていたので(立花さんも知らなかったのか間違えちゃったのかな?)、「NHK」と書いて投票した人も相当居たということです。
これ、どういうことかと言うと、私を含め投票した人たちが選挙初心者が多いのは否めませんが(あ、でも私はちゃんと立花孝志って書いたヨ)、政見放送だけはなくちゃんと立花さんの動画を見ている人がたくさんいることのあらわれ。
そもそもチャンネル登録者数と視聴回数を見ても一目瞭然です。
ふざけながら面白おかしくN国党を知った人が、気が付けば政治の勉強しているなんて、最高じゃないですかね。(国会で居眠りしている議員さん。ねぇ^^?)
だから、本人がふざけて投票したと思っていても、実は、ある程度重い票であると十分思えますよ^^
ちなみに私は念を入れまくった、超重い票でぇす^^;

なぜ立花さんは、マツコさんにそんなに怒っているのか?

これが、立花さんの行動や考えが、まだまだ汲み取れないんですよね。
思っていたよりも、立花さんは思考パターンが広い?のか、柔軟なのか・・・。

あと立花さんも間違っているところはあると思いますね。
立花さんは、毎日何十万文字と喋っているので、その中に失言が少し入ってしまうのは仕方ないかも。
まぁそれはマツコさんも同じか・・・。
弱い相手には雑な人は多いけど、強い相手にも雑なところがある立花さんは面白い^^;

この動画を見て、一部わかった気がします。10:54~11:30

だって、国会議員じゃなかったら、テレビはまず取り上げないし、でも「これ」を期待して多くの人が投票してくれたわけでしょ?で、これを俺が黙ってたら、何や立花ってなるわけで。別にそのNHKの問題ってのは、こういうメディアの問題、NHKだけじゃなくメディアもそうだし、既得権益かな。これ放送しなきゃいいって考え方はまずいって。人をいじめるだけいじめといて、相手が強いと思ったら黙ってるってダメじゃん。話し合うか謝罪するかどっちかでしょ。

ちなみに既得権益と言うのは、「古くからの長年の実績により得ている権利と利益」かな?ちがう?^^;
あ、私の説明よりこちらのブログの方が全然わかりやすいですね。
【既得権益とはいったい何?】簡単解説!!政治でよく聞くあの言葉をわかりやすく!

元々のマツコさんのコメント

うーん、これからじゃないですか?この人たちが本当にこれだけの目的のために国政に出られたら、それで税金払われたら、受信料もそうだけど、そっちの方が迷惑だし、いったいこれから何をしてくれるかの判断しないと、今のままだとただの気持ち悪い人たち、だから。

Q,票数が伸びた一因は何だと思いますか?

さぁ・・・。何だろう?冷やかしじゃない?もちろんだから、受信料を払うことに対して疑問を持っている、真剣にそう思っている人もいるだろうけど、なんか・・・、ふざけて入れている人も相当数いるんだろうなぁーとは思う。

「国民の不満点だったりとか、懐疑点なものに訴えかけるんだったら、あの政見放送はなかったよね。」

そうそうだから、でもだから逆に言うと、真面目に受信料問題について語ったとして、そしたらここまで話題になったかってなると、難しいから、あの気持ち悪いでそれで効果が出たっていう意味もあるよねぇ。

Q.まぁ色んな感じ方はあると思いますが、嫌悪感を抱かずに、その感情移入した人も少なくなかった?

「いや~?まぁNHKをぶっ壊すという言葉までは良いよ。それこそ過去には自民党をぶっ壊すみたいなとことかけてるんだと思うんだけど、笑顔が・・・。見た?顔」

あの、まぁちょっと宗教的な感じもあると思うんだよね。その~NHKぶっ壊す教みたいな。「NHKをぶっ壊す!」って、あの。ちょっと・・・気持ち悪い。この人も気持ち悪いんだけど、女性も何人か凄い人いたよね。だから結局こうやって楽しんで見ちゃっている側面はあるわけじゃないですか。だからこうやってなんか・・・騒いじゃってる時点で、ある意味彼らの思うツボなのではないかな、と。

マツコさんって、結構、一般人にも「気持ち悪い」「お前」「ブス」とか言ったりするんですよね。
私の両親がマツコさん好きで、私もマツコの知らない世界とかよく見たりするんですよ。(あの番組は毒少なめですがw)
マツコさんの強みは、「自分は気持ち悪いオカマ」と言っているので、相手に対して「気持ち悪い」というのは「アタシと一緒で気持ち悪いよね」みたいな感じで、上から目線じゃないので、毒舌でも面白いんだと思う。

私は、冒頭の「うーん、これからじゃないですか?」が、残念でしたね。
だって、N国党ってもう6年目ですよ。
6年間国民を必死に守っているのを見て来たので、そこも紹介して欲しかったですね。
せめて「この政党は6年目」みたいな。

立花さんが間違ってしまったところを強いてあげるとすれば、「ふざけて投票した人」のワンフレーズを切り取ってしまったことです。
数日後に、マツコさんの発言を全部取り上げましたが、やっぱり「ふざけて投票した人」のワンフレーズが強調されたままで、それがツイッターでも独り歩きしています。
マツコさんは、投票した人全員に対して「ふざけて投票した人」とは言ってないので。
切り取られるのは立花さんが最も嫌うことなので、これは気を付けるべき・・・、と、言うのは簡単なんですけどね。
1日ぼーっとしてて、クーラーの効いた部屋でカタカタこの文章を打ってる人間に言われたくはないわね、うん・・・。

立花さんは、マツコさんに対して「人をいじめるだけいじめといて、相手が強いと思ったら黙ってるってダメじゃん。話し合うか謝罪するかどっちかでしょ。」と動画で発言しています。つまり5時に夢中に立花さんを出演させるなりして、お互いにトークしようということですね。
マツコさんは毒舌ですが、確かに強い相手には言葉を選んでいる感じでした。N国党が噛みついてきたのは想定外だったと思います。多分噛みつかれたとしても、動画で反論されるくらいで、まさかスタジオの外に来るなんて予想もしなかったと思う。

立花さんを批判する人はたくさんいますが、マツコさんをターゲットにしたのは「数字を持ってる」からで、N国党の売名でもあるかもしれませんが、数字を持ってる影響力の大きい人の批判を放っておけないからではないかと。

マツコさん自身も、N国党のことをほとんど知らなさそうだったので、知るにもいい機会かと・・・。

で、立花さんがスタジオに突撃したわけですが、本当だ・・・。
立花さんの内部情報が、全て本当かどうかは確かめようがないですが、スタジオの外に行って、反論しようとしても拒否されるんだなぁ。
N国党は数字が取れると、メディアがこぞって取り上げているんだから、立花さんの出演を拒否するのはおかしいなぁ。
今まで、一方的にメディアに叩かれた人は、一体どれだけいるんだろう。

支持者の暴走について

N国党の支持者には、熱くなりすぎて(感情移入しすぎて)暴走してしまう人もいるようです。
この暴走は、確かに避けなければなりません。
ただし、支持者の暴走を注意するだけでなく、これだけ熱くなり(感情移入する)全面的にN国を支持してくれる人は、同時にとても嬉しくて心強くもあります。
周りに信者と言われようとも気にせず全面支持してくれるのって、自分を全肯定してくれるようで嬉しいんですね。
(もちろん熱くなっている支持者を注意すると、逆に刺激してしまうかもと思ってあえて言わないでいるとも思いますが。)
なので、立花さんも熱くなっている人たちを止めるより、何よりもまずは感謝したり感極まって泣いてしまったりしているんだと思います。
難しい・・・上から目線っぽくてうまく言えないのですが、ありがたい存在だと思います。
これだけは、大前提として伝えたうえで、暴走しないように注意するべきかもしれません。

宗教みたい、信者みたい、有権者はN国党に騙されてる馬鹿にされてるなど、支持者は散々言われますが・・・。
馬鹿にされること騙されてると言われることを覚悟しないと、他人を心から信じることはできないと思います。
違う言い方をすると、馬鹿にされないこと騙されないことを優先すると、他人を信じることはできません。
怪しい情報商材のことを言ってるんじゃないですよ。インチキ商材は100%インチキなので。
N国党が政策を成し遂げるかどうかは、誰にもわかりません。未来がわかる人はいないし。
でもそれを成し遂げられると心から信じる支持者になろうと思っています。
(中には一部賛成一部反対とか、中立に近い支持者もいますね。)
そもそもN国党の立花さんが国会議員になれるかなんて、ほんの数年前まで誰も予想できなかったことです。
党員の中には、ゆくゆくは立花さんを総理大臣にするぞーって、冗談半分かもしれませんが意気込んでいた人もいましたがw
私も立花さんが総理大臣になったら面白いのになぁって、実は思っています。
何でそこまで思うかと言うと、立花さんは、「言葉」でネット上ですごく叩かれているんですが、言葉にできないことをくみ取ってくれる人だと思っています。
言論で戦うとすると、言葉で説明できた方が勝ちになるけど、人間の感情はすごく複雑だから、言葉で説明できない理不尽なことが世の中にはたくさんあるというか。
言葉で説明できないことと戦っても、言葉で叩かれて損することが多いです。
でも、それに屈しない、言葉で説明することを諦めない。言葉で説明できることは限られているけど、できるだけメディアに露出して、沢山の言葉や意見を発信して、言葉以外も自分を全部さらけ出して伝えていくことを恐れない、稀に見る凄い人だと思います。
かようまりのさんの支えも大きいかなと思います。
立花さんは、かようさんに凄く惚れ込んでいて、やっぱり好きな人に格好いいところ見せたいから、めちゃくちゃ頑張れるのかなぁと。