私は別サイトでアフィリエイト収入を得ていますが、
長くアフィリエイターをやっていると、こんな私にも慕ってくれる人が現れてくれます。

自分で言うのもなんですが、今の私は嫌われ者で小物感がにじみ出てしまっています。
それでも構わず慕ってくれました。

そのSさんは、私から色々購入してくれました。
今年の収入は、Sさんがかなり支えてくれた。

売れてるアフィリエイターは、1人で数百人とか相手にするけど、私は10人~20人くらいで精一杯。

私はSさんに、メールをしなければならなくなった。
その内容はネガティブなものでした。
「申し訳ないですが、○○出来なくなりました。」と伝えました。
私がやりたくないのではなく、企業側が禁止したことで、辞めざるを得なかったのです。

Sさんから返事は来ませんでした。
1ヶ月待っても来ませんでした。

稼いでる人は、自分の元から人が去った時は、それを嘆いたり責めたりするのではなく、一時でも自分に関わってくれたことに感謝しなさい、なんて言うけれど。
稼いでいる人や、自分の周りに沢山人がいる人は、1人や2人去ったところで、そんなに痛手じゃないからそんなことが簡単に言えるんだろう。

私みたいに売れてないアフィリエイターほど、その言葉が重くのしかかる。
もしSさんが去ってしまえば、私のブログ収入は目に見えて減ってしまうでしょう・・・。

私のように稼いでいないアフィリエイターは、何か言っても信じてもらいにくいです。
稼いでないから、私の言葉は説得力がないんでしょう。
ですが、実際は最終的に私より稼いでいる人が2人います。
私より圧倒的に時間がない人たちなのに。
(今では逆に私のほうが教えてもらいたいくらいです^^;)

稼いでいるアフィリエイターが稼いでいるのは、ある意味、報酬を上手く独り占めしている場合も多い。
けれど不思議とそのことは誰も言わず、稼いでいるアフィリエイターについて行って稼げなければ、自分のせいだと言う。
稼いでいるアフィリエイターが上手なのは、”自分が稼ぐ方法に長けている”ことなのに。

私は、Sさんの役に立てただろうか?
Sさんは私の言ったことを一生懸命信じてくれようとしたけれど・・・。

私はSさんに甘えてしまっていたかな・・・。
ずっと自分についてきてくれるような気がしてしまっていました。

もしSさんが去ってしまったら、すごく痛いけど、これまで自分に関わってくれたことに感謝し、そして私はSさんのようにこんな私でも慕ってくれる数少ない人の役に立つことを考えなければ。

願わくばもし帰ってきてくれたら、Sさんの役に立ちたい。

けれどアフィリエイトというのは、やっぱり自分が頑張らないといけない。
それを手を抜いてる・突き放していると思われてしまうかもしれない・・・。