自分の掃除していない部屋とか絶対に他人に見られたくないですが、そういえばYoutubeでトップページに出てくる「あなたへのおすすめ」も他人に見られたくないですね。
パソコンの検索履歴とかも^^;パソコン他人に絶対貸したくないな~^^;;
他の人のあなたへのおすすめは、興味ありますがw

ただ、この「あなたへのおすすめ」がイマイチ何基準?って思うこともあります。

立花さんの動画が多いのはわかるんですが、FFは私は12~全く知らないし、はいだしょうこさんの動画も見たことないはず・・・。

サザエさんの動画も全く見たことないのに(サザエさんのTV放送もここ10年くらい見ていません)、なぜ私が磯野波平様宅の動画に興味持つと思ったんだろう。

・・・と思ったのに視聴してしまった。

サザエさんのことほとんど興味なくても、なんとなく気になりますね。

で、実際視聴してみて、そのあとコメント欄を見たら、なぜか私のようにあなたのおすすめに出てきて見た人が多いらしいです^^

ということは、視聴回数が多い動画とかは、興味がそれほどなくても興味を持つかもと思ってオススメに入れてくるのかな。
新ジャンルを好きになれば、Youtubeとしても動画視聴数がアップするでしょうしね、とか考えてみたりしました。

ただそのシステムだと、視聴回数が多い動画ばかりにより視聴数が集まってしまい、私が興味あるのに埋もれている視聴数の少ない動画とかあるんだろうなぁと思うと、視聴回数が少ないYoutuberにとってモチベ下がっちゃいませんかね?
まぁYoutubeも商売だから、色々試したいのかもしれませんが・・・っていうか、この考えは完全に私の憶測だけですが^^;
Youtubeに限らずですが、色々と変わってきていますよね。

例えば、Youtubeは、タイトル下の概要欄?が狭くなってきている?のですかね。
概要欄に外部リンク貼る人多いじゃないですか、「Youtuberですがツイッターもやってます、URLは○○~です!見に来てね!」みたいな感じでリンクをはってたり。
TwitterもTwitterで、外部リンクを貼ってる人のツイートは検索上位に行きにくいらしいとか??
インスタだと外部リンクがそもそも貼れないですよね?
そして、グーグルだと、ググったページで答えが出ていたりとか。
例えば、「サザエさんの作者」でググったとします。
すると、こんな感じで検索結果として表示されるんですね。

昔は、こういうのなかったんです。便利ですよね。(あ、作者の名前や画像くらいは前々からあったかも)
でも、これユーザーにはいいけど、ブロガーにはちょっと困るんですね。
なぜなら、PV報酬とか広告報酬のためにブログ書いたり、情報を整えた記事を書いたりしているんです。
そのブログの一部とかが使われているわけですが、(今回はウィキペディアの一部かな?)検索結果で表示された時点で自分の欲しい答えがわかっちゃうと、自分が作ったブログに訪問してくれないわけですからねぇ。
何で、YoutubeやTwitterやインスタやグーグルがこんなことをしているかというと、外部サイトに行かないようにしているからかもしれません。
Youtubeも、ずっとユーザーがYoutubeにとどまってくれるよう、Twitterとかもインスタとか、グーグルも多分そうなのかなと思います。

ところで、サザエさんって、まだTVでも黒電話なんでしょうかねぇ?
ドラえもんやちびまる子ちゃんは、どうなんだろう?
ガラスの仮面は確か携帯電話になってましたがw

あと、ちょっと不思議だったのですが、磯野波平様宅にある、お風呂にシャワーって黒電話時代にもあったんですかね。

ちなみに私の小学生の頃は、黒電話と形状が同じ、じーこじーこ式の電話でしたが、緑色でした。
お風呂にシャワーはなく、頭を洗うときは、洗面器にお湯を汲んで流していました。
今考えたらめんどくさいですねぇ・・・。
そういえば、洗濯機も二層式?だったっけ、最初に泡で洗って、終わったら、もう一つの方に泡だらけの洗濯物を移動させなきゃいけなくて、しかも洗濯機があるのがベランダなので、寒い冬でも泡洗濯が終わるたびにベランダに行って入れ替えなきゃいけないっていう・・・。

私は今でもサザエさんの世界観を違和感なくっていうか、懐かしい~って感じで見れますが、10年後とかは平成の次の世代の子がサザエさんとか見ると、流石に退屈じゃないかなぁ。
昭和生まれの人が、大正や明治時代の日常生活アニメを見るようなもんですよね。

そういえば、Youtubeって一部の映画の無料視聴が出来るようになったらしいですね。
ただ、古い一部の映画のみで、しかも日本ではまだ視聴できないらしいです。
YouTube、無料映画の提供を開始。ただし日本では視聴できず