毎日の数少ない楽しみだったのに、立花孝志さんのYoutubeアカウントが凍結されてしまったそうです。ショック・・・。
つい数日前にアカウント凍結にならないように気をつけているとのことでしたが、どうやら保守系の方のチャンネルがバンバン凍結されてしまっているらしく(?)それが立花さんにもかかってきたようで、想定外だったようですね。

昨日のアカウント凍結直前の焦る立花さんのツイッター

凍結後

元々以前の凍結前のアカウントでの立花さんのYoutubeの収入は下がってきていたようですが、(たしか3月が200万、4月が100万円以上で、5月は46万円とかだったようです。動画が消えてしまったのでもう確認できませんが。)収入が下がってきた理由としては、多分視聴者の不安がそれほどなくなってきたからではないかと思います。
2017年末からNHK受信料裁判で、最高裁判所で「合憲」となり(受信料裁判で負けると、必ず支払わなければならないんでしたっけね。)それで不安になった人たちからの視聴が一気にUPしたものと思います。
しかし立花さんが、動画で「あの裁判はNHKも敗訴している。なぜなら高等裁判所でも同じ判決が出たのに、NHKはわざわざ上告したから。その理由は、”裁判をしてその上で勝訴しないと受信料を請求できないから”NHKは裁判なしで受信料を請求できる判決を望んでいたが出来なかった。最高裁の判決を覆すことはできないのでNHKも実質の敗訴。」(半年位前の動画の記憶を頼りに私がうろ覚えに書いていますので、ところどころ間違っていたらすみません。)
ちなみにもしNHKから裁判しますと言われたら、立花さんのところに電話すれば、裁判費用を全額負担してくれるそうです。
これにより、NHK受信料は、裁判しますと言われて裁判で負けてから払えば良いです。と立花さんが動画で訴え続けたことにより、視聴者は安心し、視聴数も下がっていったのではないかと思います。
今残っている視聴者は、立花さんのファンか応援者でしょうかね。

今まで何年何十年と時間をかけて努力して成功してきた人は沢山いましたけど、私が知るのはいつも「成功してから」でした。
なのでピンと来ないし、本当に長い間時間をかけて取り組んできてたのかな?誰かを犠牲にしていたのに隠していないか?と疑ってしまったりもしていました。

立花さんのような人が成功していく所を見てみたいです。
立花さんは、実際にお会いすると、愛想なかったり不機嫌だったり威圧的だったという感じた人も多いみたいで(かなり忙しいせいで余裕がないらしい)、私は実際に話したことも会ったこともないですし、会う勇気もないですが・・・。
でも理想は高いし、正直だし、全力だし、
こんな人なら、もし誰かを犠牲にしたとしても最終手段でしか(他に方法がない時しか)しないはずというのを知りたい。
何か成し遂げてくれそうだと、期待させてくれる人ですよね。
そんな人でも、強力な圧力には勝てないのかな・・・。

私がそんな風に落ち込んでいる間に、あっという間に新アカウント作っていましたw

私も最近へこむことがありましたが、スケールが違いすぎるというか^^;
今まで何度も追い込まれたりピンチになったりもしましたが、すぐ立ち上がるので、私も頑張らねば・・・と思えてきます。
すごいな~、こんな人になりたいわ~。